2015年9月16日水曜日

大手3キャリアが「5分までの通話定額1700円」で横並びへ

iPhone6s/6sPlusの発表後、大手キャリアが通話定額の料金プランで大きく動いた。
まずauが、5分までの通話なら定額で月額1700円となる「スーパーカケホ」を発表、その翌日にはソフトバンクが同条件の「スマ放題ライト」を発表した。
少し間が空いたが、結局ドコモも同じく5分まで定額1700円の「カケホーダイライト」を本日発表した。

「スーパーカケホ」新登場!「カケホとデジラ」に月額1,700円の国内通話定額プランを追加 | 2015年 | KDDI株式会社

月額1,700円の通話定額プランが利用可能な「スマ放題ライト」登場! | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

ドコモからのお知らせ : 「カケホーダイライトプラン」を提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

これまでの通話定額は月額2700円で3社横並びであり、これが「そんなに通話しないのに料金が高い」という批判を受けて、今回の「5分まで定額」提供に至った、と見られる。
ただ、この「5分まで定額」にも落とし穴があって、ドコモとソフトバンクの場合はデータ通信量が最小の2GBプランには付けることができない(auは最小の3GBプランに付けることが可能)。

ちなみに、私は旧ウィルコムの「だれとでも定額(10分までの通話が月500回まで定額)を契約して使っているが、これに慣れていると「5分までというのは結構短い」と感じる。
10分だとそこそこ込み入った話もできるが、5分だとどうだろう・・・。
それに、私は「10分経つ前に一度切ってかけ直す」ということもたまにやるのだが、5分だとさすがに短すぎてやりづらい。

とまあ、選択肢が増えるのはよいが、いろいろどうなんだろうと思うところが多い発表だった。