2015年8月7日金曜日

Ankerの小型モバイルバッテリー「PowerCore+ mini」レビュー


先日注文した「Anker PowerCore+ mini」が届いたので、早速レビュー。

Z3Cの1.3倍!Ankerが小型モバイルバッテリーを新発売 | もちあるいてなんぼ。

本当はシルバーが欲しかったのだが、初回分完売のようなので、ゴールドにしてみた。
明らかにiPhoneっぽいゴールドで、あまりギラギラした派手な感じではない。最初は「金色だなぁ」と思ったが、持ってるうちに気にならなくなってきた。アルミの質感はとても良い。



スティックのり(直径2cm×高さ8.5cm)との比較。PowerCore+ miniの方が1cmほど大きい。80gあるので、それなりにずしっとした重さはある。



この本体上部に付いているLEDランプは、残量表示だけでなく、給電開始ボタンにもなっている。USBケーブルを繋いでこのボタンを押すと、給電が開始される。逆にケーブルを繋いでいない状態でボタンを押すと、3色で残量を知らせてくれる(緑:100%~50%、黄:50%~20%、赤:20%~5%)。

早速PowerCore+ mini本体を充電して、その後スマホを充電してみたが、どちらも結構早いなと感じた。

1399円という価格を考えると、デザイン面も機能面も大満足。1799円でも十分満足だ。
強いて難点を挙げるとすれば、付属のポーチが安っぽいことくらいか。これなら無いほうがよいかも。