2015年7月13日月曜日

IIJが新しいAPN構成プロファイルを公開、au系MVNOもiOSで利用可能に

ブログタイトルを一読しただけだと「は?何のこと?」となるが、私もこの急展開に驚きながら記事を書いている。
順を追って説明すると、発端は今日公開されたIIJてくろぐの記事。

てくろぐ: APN構成プロファイルの変更でiPhone・iPadの通信が安定?

ご存じのとおり、iOS端末でMVNOを利用する場合は、それぞれの事業者のAPNが設定された「APN構成プロファイル」をインストールする必要がある。IIJがこのAPN構成プロファイルの新バージョンを公開した。
詳しい説明は上の記事を読んでいただくとして、この新バージョンにはこれまでに無かった新しいパラメータが追加されており、これによってLTE接続が安定するとのこと。

これだけでも嬉しいのだが、さらに驚くべき発見が。
IIJは法人向けにauのMVNOサービスも提供しているが、新バージョンのプロファイルで試してみたところ、iPhone・iPadでもデータ通信可能になった!そうだ。

このブログでも何回も取り上げたが、iOS8以降、auのMVNOは通信不可となっており、mineoもUQmobileも「iOS8 以降のiPhone・iPadでは使えません」としている。これがひっくり返った形だ。

ただし注意点が2つある。
ひとつは、当たり前だがIIJてくろぐで公開されているAPNプロファイルはIIJmioのAPNが設定されており、そのままではmineoやUQmobileでは使えないこと。
もうひとつは、てくろぐの記事に書かれているとおり「データ通信があまり安定しない」ことだ。ドコモ系MVNOではLTEが安定するものの、au系MVNOではそこまでは行かないらしい。

これを受けて、さっそく有志の方がmineoおよびUQmobileに対応したAPN構成プロファイルを作成、公開した。
(ツイートからブログ記事へのリンクに変更しました。作者様に感謝!)

iOS端末でKDDI系MVNOが利用可能になるAPN構成プロファイルの公開 | BLOGRAM

また、このプロファイルを試したmineoやUQmobileユーザから、「iPhoneで通信できた」という報告ツイートも上がってきている。
ただ、やはり通信は安定はしない模様。てくろぐの記事にも『ご自身でトラブル対応が可能な方のみお試しください』とあるが、何かあったら自分で旧プロファイルに戻せる人でないとおすすめできない。

とは言え、これまで全く繋がらなかったことを考えると、不安定でも通信できるようになっただけ大きな一歩だ。

【追記】
mineoの動作確認結果はこちら。
mineoが「au系MVNO対応APN構成プロファイル」の動作確認結果を発表 | もちあるいてなんぼ。