2015年6月30日火曜日

ソフトバンクも子会社を通してMVNO推進へ!

ソフトバンクが、子会社のSBパートナーズを通してMVNOを推進していくことを発表した。

MVNOへの取り組みについて | ソフトバンクモバイル株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンク

KDDIはMVNO推進の新会社「KDDIバリューイネイブラー」を設立したが、ソフトバンクは既存の子会社を通してMVNO事業に取り組むことになった。
KDDIの記事はこちら。

KDDI、auのMVNOを推進する新会社を設立! | もちあるいてなんぼ。

KDDIの発表では、プレスリリースに『低価格志向のお客様向けのサービスを創出する』とあり、いわゆる「格安スマホ」向けのサービス提供と考えられた。
一方、今回のソフトバンクの発表では『IoTに関係する多くのビジネスも生まれつつあり』とあるとおり、格安スマホのような個人向けサービスというよりは、M2Mといった法人向けサービスを念頭に置いているのでは、と思う。

とはいえ、今年度のソフトバンク接続料はドコモやauとほぼ同じレベルまで値下げされており、ソフトバンクMVNOのハードルが下がったのは確か。

ソフトバンクが今年度接続料を公開、大幅値下げへ | もちあるいてなんぼ。

ソフトバンクに接続を申し入れている日本通信や、すでにドコモ・KDDIの両回線をMVNOとして提供(予定)しているIIJやケイ・オプティコムの今後の動向が気になるところだ。

【関連記事】
日本通信がKDDIとソフトバンクにも相互接続を申請、今後の動きは? | もちあるいてなんぼ。
IIJ、法人向けにau MVNOサービスの提供開始 | もちあるいてなんぼ。
mineoが「日本初の個人向けマルチキャリアMVNO」宣言!1年縛りも撤廃 | もちあるいてなんぼ。