2015年4月20日月曜日

ZenFone2、国内発表!取り扱いMVNOまとめ

先日ASUS公式でティザーサイトが公開され、おそらくZenFone2の国内発表だろうと思われていたが、やはりその通りだった。

ASUSが4月20日に新製品発表、ZenFone2か | もちあるいてなんぼ。

http://www.asus.com/jp/Phones/ZenFone_2_ZE551ML/
Phone | ZenFone 2 (ZE551ML) | ASUS 日本

昨年国内発売されたZenFone5は「ミドルレンジで必要十分な性能、かつ購入しやすい価格設定」で人気となったが、後継機種となるZenFone2は「ハイエンドでコストパフォーマンスに優れた価格設定」と言える。早くも今年の「MVNO向けSIMフリースマホを代表する1台」となりそうだ。

RAMは2GBと4GB(ASUSによるとRAM4GBは世界初)のモデルがあり、4GB版はROMが32GBと64GBの2種類、2GB版はROMが32GBの1種類となる。最も安いRAM2GB・ROM32GBモデルは予想実売価格が35800円、最も高いRAM4GB・ROM64GBは50800円となる(いずれも税別価格)。
シネックスインフォテックが単体の取り扱いを発表しており、アマゾン等ですでに予約が始まっている。
ASUS JAPAN製次世代SIMフリースマートフォン 「ZenFone ™2(ZE551ML)」の取り扱いを開始

ZenFone5は数多くのドコモMVNOでセット販売されたが、ZenFone2もまずは8事業者で取り扱うことが発表されている。

ASUS、ZenFone 2を5月16日発売 - ケータイ Watchより引用:
またMVNOのパートナーとして、IIJ、gaenee mobile、DMM mobile、TNC、NifMo、楽天モバイル、U-mobile、Y!mobileのブランドが挙げられている。

まず真っ先に「ワイモバイルはMVNOじゃないだろ!」と突っ込みたくなるところだが(ソフトバンクモバイルのMVNOというのは置いておいて)、SIM単体でもサービス提供しているし、ソフトバンクモバイル本体と差別化していかないといけないので、こういう「SIMフリーモデルとのセット」もいいと思う。

その他に目新しいところとしてはgaenee mobileとTNCがある。gaenee mobileは、あのイオンスマホ第二弾FXC-5Aのメーカーが運営しているMVNO。メーカーなのに自社端末だけでなくZenFone5やAscend Mate7も取り扱っていて驚いた。
geanee mobile | 格安スマホG-Phone/SIMフリースマートフォン/Android

TNC(TOKAIコミュニケーションズ)は静岡のISPで、すでにIIJ系のMVNOとしてサービス展開しており、ZenFone5もセット端末として提供している。
届いたその時から使えるSIM「モバイル4G/D」|TNC

また、楽天とNifmoは今日さっそく取り扱いを発表。楽天は23日、Nifmoは今日から予約開始。
楽天株式会社: 楽天モバイル 新端末ASUS製「ZenFone 2 (ZE551ML)」を販売開始 | ニュース
ニフティ、MVNOサービス「NifMo」にて「ZenFone™ 2」の予約受付を開始 |ニュースリリース|ニフティ株式会社:ニフティとなら、きっとかなう。With Us, You Can.

ASUS Shopでは、IIJmioみおふぉんとセット購入すると3240円(税込)割引キャンペーンも。こちらは5月末まで。
『ZenFone』と人気のIIJmio SIM音声通話パックみおふぉんSIMカードをまとめて買うと、合計金額から3,240円(税込) OFF。


もうひとつ、ASUS公式の方では、専用フリップカバーと同時予約購入でモバイルバッテリーZenPowerが先着1000人にプレゼントというキャンペーンも実施。
ZenFone 2 + View Flip Cover Deluxe 同時予約購入特典キャンペーン