2015年4月13日月曜日

2015年はauのMVNOが拡大?接続料が半額以下に

先日、ドコモの2014年度接続料が思ったほど値下がりせず、ドコモMVNO各社に影響を与えそうだという記事を書いた。

ドコモ2014年度パケット接続料は思った程下がらず。今後のMVNO料金に影響か | もちあるいてなんぼ。

この後、ドコモとKDDIが今年度の接続料を正式に発表。何とKDDIは昨年度の半額以下となった。

MVNOとしての事業をご検討の事業者様へ | 企業情報 | NTTドコモ
MVNOとしての事業をご検討の事業者様へ | MVNOに関する情報 | KDDI株式会社

上のページで公開されている資料を見ると、以下のようになっている。
(以下、接続料はいずれも10Mbpsのもの)

レイヤ2接続の場合の月額利用料(今年度)
  • NTTドコモ:945,059円
  • KDDI:1,166,191円

ちなみに昨年度は、以下の通り。

レイヤ2接続の場合の月額利用料(昨年度)
  • NTTドコモ:1,234,911円
  • KDDI:2,751,142円

ドコモは約123万円から約94万円と、約23%の下げ幅であるのに対し、KDDIは約275万円から約116万円と、約57%の下げ幅となった。
しかもこの金額は、昨年度のドコモの接続料とほぼ同じくらいだ。ということは、「auは接続料が高いからMVNOへ参入しづらい」ということは無くなった、と言ってよいと思う。

mimeoも6月からの増量を発表しているし、IIJも法人向け限定とはいえauのMVNOを今月から開始している。この辺、今回の接続料大幅値下げが関係しているかもしれない。
また、この値下げをきっかけに、多くの事業者がauのMVNOを開始する・・・ということもあり得そうだ(とはいえ、iOS8問題があるのが頭の痛いところ)。

ちなみにソフトバンクは、というと。

MVNOに関する情報 | ソフトバンクモバイル株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンク

上のページに公開されている資料が昨年7月を最後に更新されていないので、最新のものではないが、以下のようになっている。

レイヤ2接続の場合の月額利用料

  • ソフトバンク:3,517,286円

【関連記事】
昨年5月に書いた記事。当時の3社の接続料を比較したところ、auはドコモの約2倍、ソフトバンクは約3倍もあった。
auとソフトバンクの「格安スマホ」は簡単にはいかない? | もちあるいてなんぼ。

mineo、月500MBの新コース&既存コース増量を発表! | もちあるいてなんぼ。
IIJ、法人向けにau MVNOサービスの提供開始 | もちあるいてなんぼ。

アマゾンで実施中のSIMパッケージ30%OFFは4月26日まで。