2015年3月19日木曜日

イオンスマホ春夏モデル発表、Xperiaも来た!


イオンモバイル | イオン

イオンスマホの「春夏モデル」3機種が発表となった。

イオンモバイルは、新たな市場創造へ(PDF)

すでに発表されているVAIO Phoneに加えて、京セラのタフネススマホ、及びソニーモバイルのXperiaの取り扱いを発表。昨年12月から販売している富士通と合わせて「国内4ブランドをラインナップ」というところを大きくフューチャーしている。
各機種についての詳細は後ほど別記事にまとめるが、京セラの方はBIGLOBE、XperiaはもちろんSo-netのSIMとセットになる。
Xperiaに大変注目が集まると思うが、噂通りXperia A2がベースになっていると思われる。この機種の売りは、何と言っても「おサイフケータイが使える」こと。これまでmineoではおサイフケータイが使える機種があったが、ドコモMVNOでは初めてではないかと思う。

京セラ+BIGLOBEのセットは、音声通話対応月1GBのプランで月額2591円、XperiaとSo-netのセットは、音声通話対応70MB/日のプランで月額3563円となる。
(どちらも端末代24回分割払い)

【関連記事】
参入報道があったUQ mobileがラインナップされていないのが気になる。
UQ mobileもイオンスマホに参戦へ、スマホ本体は何に? | もちあるいてなんぼ。