2015年1月27日火曜日

ブックオフがエイサーと組んで格安スマホ参入!その狙いは?

本日ブックオフとエイサーから発表があり、両社が組んで格安スマホを発売することが分かった。発売は明日28日。


ブックオフモバイルサービスの新ブランド「スマOFF」を展開 格安スマホの取扱いを開始!(PDF)
国内スマートフォン市場初参入 SIMロックフリースマートフォン「Acer Liquid Z200」2015年1月28日(水)よりブックオフチェーン店舗にて発売

ブックオフの一部店舗にて、エイサーのSIMフリースマートフォン「Liquid Z200」(本体価格10000円)とデータ通信SIM(1日70MB・月額980円)のセットを販売する。
また、ブックオフに中古携帯を買い取ってもらった場合、Liquid Z200本体が無料でプレゼントされる。ただしこの場合、データ通信SIMは2年縛りとなり、途中解約の場合違約金が発生する。

データ通信プランの詳細は、明日9時に公式サイトが公開となるためまだ分からないが、分かっているのは、このプランが「丸紅グループ」の提供であるということ。

丸紅グループのMVNOというと丸紅無線通信が思いつく。こちらは以前日本通信と提携していたが提携解消し、その後単独で楽天モバイルのデータSIMにプラン提供を開始したということは、先月記事にしたとおり。
楽天ブロードバンド「エントリー2!プラン」の「!」の意味とは | もちあるいてなんぼ。
おそらく、ブックオフのオリジナルプランは、これに続く第二弾ということになるだろう。
公式サイトで確認したところ、丸紅グループの別会社「MXモバイリング」が提供となっていた。

また、エイサーにとっては国内SIMフリースマホ市場に初登場ということになるが、1万円という格安価格とはいえ、LTE非対応・RAM512MBはちょっと残念 。次はぜひ、先行するASUSのZenFone5に対抗できる端末を期待したいところ。

とはいえ、「中古携帯を売ると新しいスマホをプレゼント!」という売り文句はインパクトがある。ブックオフ・エイサー・丸紅無線それぞれにとって、まず認知度を上げるという意味では有効かもしれない。

【追記】
公式サイトがオープンしたので確認してみた。SMSが標準で付いて月額980円はいいかも。
また、2年縛りの解約金は10000円(非課税)とのこと。