2014年12月31日水曜日

Nexus7(2012)をAndroid 5.0.2にアップデートしてみた


Nexus7(2012)にAndroid 5.0 Lollipopを入れてみた』でお知らせしたとおり、Nexus7(2012)をLollipopにアップデートしてしばらく使ってみた。最初のころは普通だったのが、いくつかアプリを入れて使っているうちにカクカクになってしまった。
特にタスク間の切り替えがひどく、右下の◻ボタンを押すと「・・・固まった?」と思うほど、アプリ一覧が出てくるのに時間がかかる。通知欄からGmailの新着メールを開く時などもかなり遅い。
安い白ロムばかり買っているので、モッサリには慣れているほうなのだが、それでもこれはちょっとヒドイと感じた(4.4まではサクサク動いていたので、なおさらそう感じるのかも)。

LollipopにしたNexus7(2012)の動作が重くなった時の対処法も公開されており、そろそろやらなきゃなぁ、と思っていたところ、Andoid5.0.2へのアップデートが実施されることを知った。
やっと昨日通知が来たので、早速アップデート・・・してみたものの、あまりカクカクは解消されず。
それならということで、件の対処法を実施してみた。
参考にした記事はこちら。

Android 5.0にアップデートしたNexus 7(2012)の動作が遅くなる不具合が多数報告される|携帯総合研究所
Android5.0のNexus 7(2012)の動作が重いときの対処方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト - usedoor

上記の方法でキャッシュパーティションをクリアし、さらに念のため、設定→アプリ→ダウンロード済から各アプリのキャッシュもクリアした。
すると、さっきまでのカクカクがかなり解消され、実用レベルのNexus7に戻ってくれた!
まだちょっと重いかな、と感じるところもあるのだが、実施前とは雲泥の差だ。
私の環境でたまたま上手くいっただけかもしれないが、5.0.2アップデートとキャッシュパーティションのクリアは、試す価値がありそうだ。

あと、Lollipopアップデート後のNexus7にGoogle Nowランチャーを導入すると、よりLollipopらしくなってイイ感じになる。


左が標準ランチャー、右がGoogle Nowランチャー。標準ランチャーはJB~Kitkatの雰囲気が残っているのだが、Google Nowランチャーにすると上下のバーが透過したり、検索バーのデザインも変わる。よく見ると壁紙もちょっと違ったりする。
いかにも「新しいバージョンになりました!」という雰囲気が味わえてオススメ。