2014年12月9日火曜日

b-mobileも開始!容量無制限プランについて考える

昨日、ぷららとU-mobileに続きb-mobileも「月間通信量が無制限のプラン」を発表し、大いに話題となった。


日本通信、高速通信使い放題1,980円、b-mobile SIMから新登場

今回のプランは、データ通信専用ではなく音声通話にも対応しているのがポイントだと思う。
今月から最大手OCNも音声通話に対応し、もはやMNP転入可能なだけでは差別化は難しくなった。そこで、データ通信の方を無制限にしてしまうことで、他社と差をつけたいのかな、と。

一方ユーザから見ても、最近の月次/日次プランは通信量の改定が頻繁で、どこがどれだけ容量があるのか把握しづらくなっているのも確か。いっそ「無制限」で一本化してくれた方が分かりやすい(そして、MVNO側としても頻繁にプラン改定しなくていいのでやりやすい)という利点もあると思う。

ただし一般論として、容量無制限にすれば大量に通信を行うユーザが現れて、全体の速度が低下する恐れがある。トラフィックをきちんと管理できる事業者でないと、皆が快適に利用するというのはなかなか難しいのではないか。
(正直私だったら、自分が利用している事業者に無制限プランは出して欲しくない、と思う。)