2014年11月15日土曜日

Nexus7(2012)にAndroid 5.0 Lollipopを入れてみた


一部のNexusデバイス向けにAndroid 5.0 Lollipopが配信され始めているが、アップデートが降ってくるのを待ちきれず、初めてファクトリーイメージでのアップデート(いわゆる「ROM焼き」)に挑戦してみた。
参考にしたページはこちら。

Android 5.0のファクトリーイメージが公開、アップデート方法をわかりやすく解説!|携帯総合研究所

さっと記事に目を通して、「Android SDKのインストールとかPATHを通すのとかは出来ているから、あとはファクトリーイメージを落としてきてコマンド叩くだけ」くらいに思っていたのだが・・・ちょっと甘かった。
私がつまづいたポイントを挙げていく。
注:私のNexus7(2012)は、32GB wi-fiモデルです。


1. platform-toolsが入ってなかった


Nexusをfastbootモードで起動し、PCからコマンドを叩いてみると「そんなコマンド無いよ」というようなメッセージが出てしまった。
よくよく上のページを見てみると「platform-toolsへのPATHを通しておく」とあり、自分のPCの環境変数を確認してみると、toolsへのPATHしか書かれていなかった。
今までの端末のroot取得では特にplatform-toolsは必要なかったのでインストールしていなかったのだ。
Android SDK全体を再インストールすると時間がかかるので、platform-toolsだけダウンロードしてきて解凍し、toolsと同じディレクトリに入れ、PATHを設定してPCを再起動。これでfastbootコマンドが使えるようになった。
platform-toolsのダウンロードについては以下のページを参考にした。
新型Nexus7(2013)のブートローダーアンロック(Bootloader Unlock)方法。 - Android(アンドロイド)おすすめアプリ・カスタムニュース|AndroidLover.Net


2. Google USB Driverが入ってなかった


これでfastbootコマンドを叩いてみると、今度は「<Waiting for device>」と出て先に進まない。
これも調べてみると、何ということはない、Nexus7用のUSBドライバがインストールされていないからだった。
USBドライバのインストールについては以下のページを参考にした。
Androidの各種ドライバのインストール(ADB,Bootloader,CWM) | AndMem - Androidのカスタマイズなど

ここで注意が必要なのは、通常のUSBデバッグモード接続時のドライバ(Android ADB Interface)と、fastbootモードで接続時のドライバ(Android Bootloader Interface)は別々だということ。
私の場合、まずUSBデバッグモードで接続してAndroid ADB Interfaceをインストールし、その後fastbootモードで接続してAndroid Bootloader Interfaceをインストールしたので、都合2回USBドライバのインストールを行ったことになる。


3. USBケーブルがダメだった


2.のUSBドライバインストールの際に、PCのデバイスマネージャでNexus7が「不明なデバイス」と出てこなければいけないのが、出てこなかった。
これはUSBポートを替えるか、USBケーブルを替えるかのどっちかで解決だろうと思ったが、案の定ケーブルを替えたら上手く行った。これまでのroot取得時でも「よくある経験」だ。


以上3点をクリアして、無事にROM焼きに成功した。
他に注意点として、boot.imgとsystem.imgの2つを焼くのだが、後者はかなり時間がかかる(5分ぐらい?)。コマンド叩いた後しばらく反応が無かったのでドキドキした。
もう一つ、 ROM焼きが終わってNexus7を再起動した後、赤青黄緑4色の丸が蜂のように飛び回る画面になるのだが、これがなかなか終わらず「永久ループに入ったか!?」とまたドキドキしてしまった。
調べてみるとこれは皆さん時間がかかっているようだ。10分ぐらいのんびり待つと、一番上の「Welcome」画面になりホッとした。


画面下の3つのボタンが、△○□の「おでん」スタイルになったw
だいぶバッテリが消耗してきたNexus7(2012)だが、ロリポップマシンとしてまだまだ活躍してもらおう。

【関連記事】
Nexus7(2012)をAndroid 5.0.2にアップデートしてみた | もちあるいてなんぼ。