2014年10月31日金曜日

楽天ブロードバンドLTE、名称変更と増量を発表!

楽天ブロードバンドLTEを運営するフュージョンが、サービス名称の変更と一部プランの増量を発表した。

楽天ブロードバンドLTE名称変更についてより引用:
10月29日に発表された通話可能な格安SIMサービス「楽天モバイル」とのサービスの違いを明確にするため、10月30日より、「楽天ブロードバンド LTE」は「楽天ブロードバンド データSIM」に名称を変更いたします。

こちらはプレスリリースのとおり。楽天モバイルの「通話SIM」に対応して「データSIM」に変更とのこと。
そしてもう一つの発表はこちら。

楽天ブロードバンド データSIM高速通信容量を大幅改定

こちらも、一昨日に発表された「楽天モバイル」の容量と一部合わせての増量となる。楽天モバイルの「2.1GBプラン」にあたるのが、データSIMのエントリープラスプランとなる。月額900円。
ライトプラスプランは楽天モバイルの方には無い容量で、5GBで月額1677円となる。
(楽天モバイルは2.1GB、4GB、7GB、200kbps使い放題の4プラン)

それでは、増量のなかった他の3プラン(エントリー/ライト/アクティブ)はどうなったのかというと。
オンライン申し込みページを見ると、すでにこれらの3プランは選択できないようになっていた。


楽天ブロードバンド データSIMを見ても、ところどころ3プランへのリンクが残っているが、トップページのプラン比較表は、エントリープラス・ライトプラスとそのSMS対応プランのみになっている。

以前『楽天ブロードバンドLTE「エントリープラスプラン」に驚愕の事実が!!!』でも書いたが、楽天ブロードバンドLTEの「エントリー/ライト/アクティブ」と「エントリープラス/ライトプラス」は回線提供元が別になっており、前者は日本通信、後者はNTTPCコミュニケーションズ(APNから推測)となっていた。
一昨日発表された「楽天モバイル」も、APNから推測するとNTTPCコミュニケーションズの回線を使っており、データSIMもこれに合わせて一本化したのかもしれない。が、正式発表があった訳ではないので、一時的に申し込みを中止しただけかもしれない。
ただ、先ほどのサービス名称変更のプレスリリースでも、エントリープラスとライトプラスにしか言及していないのが気になる・・・。

楽天ブロードバンドLTE名称変更についてより引用:
なお、プラン名(エントリープラス、エントリープラス SMS、ライトプラス、ライトプラス SMS)に関しての名称の変更はございません。


【追記】
後日、公式ページにて正式に発表が。

楽天ブロードバンド: データSIMより引用:
※2014年10月31日をもって、エントリープランライトプランアクティブプランの受付は終了しました。

【関連記事】
フュージョン、格安スマホ「楽天モバイル」開始! | もちあるいてなんぼ。