2014年10月29日水曜日

フュージョン、格安スマホ「楽天モバイル」開始!


昨日お知らせしたとおり、楽天ブロードバンドを運営するフュージョンが、格安スマホ参入を発表した。

楽天グループ、携帯電話サービスに本格参入 「楽天モバイル」を提供開始

セットとなるスマートフォンは昨日お知らせしたとおりZenFone5(MVNO用のストレージ8GBモデル)、価格は一括払いで26400円。
料金プランは最安で月額1250円(最高速度200kbps使い放題)。が、メインとなるのは高速通信量が月2.1GBで月額1600円のプランだろう(2.1GBというのは明らかにIIJmioの「月額1600円で2GB」を意識した数字だな、と)。
通話SIMのみ提供もある。最低利用期間は12ヶ月で、違約金は9800円。

サービス開始時のキャンペーンは以下の3つ。月額料金1ヶ月無料、端末同時購入で1500ポイント付与、楽天でんわ利用で1000ポイント付与、となっている。
楽天ブロードバンド:【楽天モバイル】 1カ月無料キャンペーン

通信量確認等ができるアプリも本日公開された。

楽天ブロードバンド SIMアプリ
FUSION COMMUNICATIONS CORP.
価格:0  平均評価:0.0(0 件)


楽天モバイル公式サイトに、今日の記者会見で使われたプレゼンテーションが公開されているが、これによると
  • サービス開始当初はMNPに2~3日かかるが、今後は即日を目指す
  • 端末ラインナップは、12月に第二弾、来年2月に第三弾を予定している
  • 販売台数目標は1000万台!
とのこと。ちょっと目標が大きすぎる気もするが、MVNO業界に大型新人が登場したということにしておこう。
格安スマホとして目新しいものはないのだが、端末もサービス内容も価格も決して悪くない。楽天のブランド力でどれだけ売れるのか楽しみだ。

そして気になる回線提供元だが、楽天モバイルのAPN情報を見ると「vdm.jp」となっており、WHOISで検索すると「NTTPC Communications,Inc.」と出た。

【関連記事】
ニフティと楽天ブロードバンド、ZenFone5で格安スマホに参入へ | もちあるいてなんぼ。