2014年10月27日月曜日

富士通製のイオンスマホ第四弾、12月発売へ

第四弾となるイオンスマホは富士通製となることが分かった。

ASCII.jp:イオンがスマホの価格破壊! 第4弾は富士通製で月額3100円

11月から始まるイオンの「SPECIAL 10 WEEKS」の一つとして発表されたもの。といってもイオン公式サイトにはまだ情報がなく、今のところ上のアスキーの記事が一番詳しいようだ。

この記事によると、第四弾は富士通製のLTE対応スマートフォン。写真を見ると、先日富士通が発表した法人向けSIMフリースマートフォンによく似ているように思う。

法人向けスマートフォン・携帯電話(M305/KA4) - FMWORLD.NET(法人) : 富士通

月額料金は端末代込みで3100円ということだが、おそらくこれは税込価格なので、税別だと2880円となり、現在販売されている第三弾(2980円)とほぼ変わらない。
やはり誰でも名前を知っている国内メーカーの端末というのが、最大のセールスポイントになるだろう。
回線提供元は書かれていないが、ビッグローブ続投なのか?気になるところ。

また、今回は初めてモバイルルータも投入されることになった。このブログではおなじみ、NECのAtermMR03LNで、月3GBの高速通信量がついて月額1814円だそうだ。こちらも回線提供元はどのMVNOなのか、非常に気になる。

スマートフォンは12月上旬、モバイルルータは12月中に発売とのこと。正式発表を待ちたい。
→発表されました。
イオンスマホ第4弾、富士通 「ARROWS M01」発表! | もちあるいてなんぼ。

【追記】
日経・朝日新聞にも掲載された。

イオン、10週連続で販促イベント ロブスター38万尾販売  :日本経済新聞より引用:
格安スマートフォンでは11月下旬をめどに富士通製の端末を使った第4弾の商品を販売する予定。

イオンの格安スマホ、富士通製造 価格は大手の半額程度:朝日新聞デジタルより引用:
富士通は「格安スマホ向けにいちから商品開発した」(同社広報)という。

時事ドットコム:新商品ニュース 富士通製のSIMフリースマホを販売=イオン

【関連記事】
第三弾は月額料金据え置きで増量を発表したばかり。
イオンスマホLTE、月額2980円据え置きで月5GBへ | もちあるいてなんぼ。
富士通のイオンスマホ第4弾、今週末に先行販売へ | もちあるいてなんぼ。