2014年7月1日火曜日

ヨドバシオリジナル「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIM」発表!


先週、b-mobileと組んで格安スマホを発表したばかりのヨドバシカメラが、新たなオリジナルSIMを発表した。

ヨドバシカメラオリジナル「ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE SIMカード」の予約を開始致します
〜月々480円から使えるWi-Fiスポット付きSIMカード〜


公衆無線LANを運営するワイヤレスゲートが、W-FiスポットとドコモMVNO回線をセットにして提供するもの。ライバルであるビックカメラ「BIC SIM」の競合商品となる。
驚くべきはその価格で、最安のプランは250kbpsに制限されているとはいえ月額480円。ワイヤレスゲートのW-Fiスポット単体で月額390円であるから、わずか90円プラスでモバイルデータ通信も可能となる。これはなかなか凄い。

その他に、高速通信量が月1GBで月額920円、5GBで2480円、10GBで5490円の合計4プランが提供される。SMSオプションは5GBプランと10GBプランでは無料となる(それ以外の2プランでは月額150円)。 
これまでドコモMVNOでは最高でも月7GBまでのプランしか無かったため、月10GBプランはヘビーユーザーには良さそうだ。
しかし、この4プランのメインは、やはり最安の480円プランとなるだろう。

ケータイWatchによると、今回のプランは『Wi-Fiが「主」、LTEが「従」』というコンセプトだそうだ。
250kbpsに速度制限された回線をメインとすると心許ないが、逆に公衆無線LANがメインで、それを補完する形でモバイル回線を使うのだと考えれば、この480円プランは価格的にも非常によい。

ワイヤレスゲートは、実は2012年にも「Wi-Fi + LTE」サービスを提供しているのだが、この時は数ヶ月で公式サイトが無くなってしまい、残念に思っていた。
ワイヤレスゲートがドコモMVNO「Wi-Fi + LTE」プランを発表 | もちあるいてなんぼ。
なので、今回の再参入には前回の分まで期待している。
ただ、今日から予約開始で発売が2ヶ月後というのは、ちょっと予約期間が長すぎるのではないだろうか。最近のMVNOは流れが速く、1ヶ月前の新サービスがあっという間に陳腐化したりする。その点が心配だ。

【関連記事】
ヨドバシカメラの格安スマホ、7月10日発売! | もちあるいてなんぼ。