2014年7月6日日曜日

「イオンスマホ」FXC-5Aの実機を見てきた!


4日から販売が始まった「イオンスマホ」第二弾だが、店頭にFXC-5Aの実機があったので、ちょっと触ってみた感想など。

「イオンスマホ」第二弾販売開始!初日の状況は? | もちあるいてなんぼ。

ちなみに、この店舗は第一弾の時は実機展示がなかった。前回は8000台限定、今回は5万台ということで、前回よりも実機が店頭に行き渡っているのかもしれない。

まず、大きさは今時の5インチスマートフォン。印象的だったのは、薄くて軽いこと。
低価格帯のスマホだと「分厚くて重くて見た目がモッサリ」というものもあるのだが、FXC-5Aは意外にも?その辺は頑張っていると感じた。ただし、ベゼル(画面の額縁)は、公式サイトの画像ほど狭くはなかった。これは、ケータイWatch等に掲載されている実機写真を見てもわかる。

操作してみた感じとしては、思っていたより軽快。ROMが512MBしかないということで、操作がややもたつくのではないかと不安だったが、やはりOSがKitKatということが影響しているのだろう。
ちなみにバージョンはAndroid4.4.2。
プリインストールアプリは、ほぼAndroidの標準的なもののみ。唯一「イオンお買物」アプリだけが異彩を放っていた。

また、今回の実機にはちゃんとBIGLOBEのSIMが挿してあり、3G通信することができた。
(実機展示はしてあっても、SIMが挿さってなくて通信ができない、とケースはわりと多い)
もちろん速度制限はされていなかったので、特に遅いということもなく使うことができた。
驚いたのは、APN設定をみるとBIGLOBEの他にb-mobileとIIJmioもプリセットされていたこと。
FXC-5Aは本体のみの販売も行っているので、BIGLOBE以外にイオンで取り扱いのある2社についても、あらかじめセットしておいたということだろうか。

操作していて戸惑ったのは、画面下のボタンが「戻る・ホーム・メニュー」の並びではなく、 「メニュー・ホーム・戻る」の並びになっていたこと。Nexus7で前者の並びに慣れてしまっているため、戻るボタンが右にあるのが違和感ありありだった。
ただ、これは他のAndroidスマートフォンを使ったことがない人であれば、特に問題はないだろう。

総じて、価格が15120円ということを考えればかなり良いのでは、という印象を持った。
本体の質感や画面のキレイさは、最近見た中では「ポラスマ」には敵わないと感じたが、あちらとは1万円以上価格差があるのだから、それは当然と言えるだろう。

【関連記事】
「イオンスマホ」テレビCM動画に見る、本当の狙いとは | もちあるいてなんぼ。
月額1980円「イオンスマホ」第二弾と、第一弾の違いまとめ | もちあるいてなんぼ。
BIGLOBEが新端末で「格安スマホ」参入!イオンで販売 | もちあるいてなんぼ。
ポラスマに続いて今度は大人向け!SIMフリースマホ「LINEAGE」発表 | もちあるいてなんぼ。