2014年6月26日木曜日

freetel、XMに続きnicoでもスペックアップを発表!

今月初め、最上位モデルXMのスペックアップを発表したfreetelが、中位モデルnicoのスペックアップも発表した。
freetelの最上位モデル「LTE XM」が仕様変更を発表! | もちあるいてなんぼ。


~SIMフリースマートフォン「freetel」 2014年・秋モデル~ 「freetel nico」予定スペックを大幅引き上げ! - プラスワン・マーケティング株式会社のプレスリリース

XMは細かいスペックが変更になっただけでなく、本体デザインまで一新されてまさに“別物”になっていた訳だが、今回のnicoはそこまでではなく、本体は同じ。ただしカラーバリエーションにシャンパンゴールドが追加となっている。

スペックアップとなったのは、画面解像度がqHDからHDに、ROMが4GBから8GBに、フロントカメラが30万画素から200万画素に、といった箇所。細かいところでは、SIMスロットが標準サイズ2つから標準サイズ1つとマイクロサイズ1つに変更になっている。

価格へ据え置きで17800円。ただ今回の仕様変更に伴い、発売時期が7月から9月上旬にずれ込んだ。
また、6月中に発売となっていたPrioriも、カラーバリエーション追加のため8月上旬に発売延期となった。

スペックアップやカラバリ追加はもちろん大歓迎だが、「格安スマホ」で盛り上がっている今、発売延期は大きな機会損失になってしまうのではないか・・・と、それだけが心配だ。

【関連記事】
freetel、LTE対応SIMフリースマホやモバイルルータを含む新機種を発表! | もちあるいてなんぼ。