2014年6月3日火曜日

freetelの最上位モデル「LTE XM」が仕様変更を発表!


先月13日にフルラインナップを発表したfreetelが、最上位モデル「freetel LTE XM」の仕様変更を発表した。

~SIMフリースマートフォン「freetel」 2014年・夏モデル~ ハイスペックモデル「freetel LTE XM」の仕様を発表|プラスワン・マーケティング株式会社のプレスリリース

前回発表された時は、中位モデル「freetel nico」と同サイズ(143.3×72.8×8.9mm、約125g)で、見た目もそっくりだった。
しかし今日発表された新XMは、nicoの丸みのあるデザインとは全く異なり、 シャープでスクエアなデザインとなった。またサイズも142.3×70.4×7.8mm、約132gに変更になっている。

プレスリリースによると、サイズ以外の変更点は次のとおり。

~SIMフリースマートフォン「freetel」 2014年・夏モデル~ ハイスペックモデル「freetel LTE XM」の仕様を発表|プラスワン・マーケティング株式会社のプレスリリースより引用:
さらに、本機種については、SIMフリースマートフォンに機能性を求めるユーザーの声を受け、企画段階で予定していたスペックを引き上げる形で最終的な仕様を変更。店頭想定価格29,800円というSIMフリースマートフォンならではの低価格で、HD対応の画面解像度や、2300mAhのバッテリー容量など、これまでにはない高性能モデルに仕上げました。

となっており、解像度やバッテリー容量を引き上げたことが分かる。
(ただし、フロントカメラが200万画素→100万画素になっていたり、SIMスロットが標準SIM2つ→microSIM1つになっていたりといった変更もある)

また、価格が29800円と発表されたが、これは先週末に発表されたファーウェイの「Ascend G6」と同価格だ。
Ascend G6は6月下旬発売、freetel LTE XMは8月中旬~下旬発売なので販売時期はずれるが、どちらも家電量販店での取り扱いとなる。
秋以降のSIMフリースマートフォン売場は、freetelとAscendの正面対決になるかもしれない。

freetel公式ショップでは今日から予約開始。特典としてU-mobileの音声通話対応SIMカードが無料となるそうだ。
【銀行振込】freetel LTE XM(ブラック)優待予約販売

【関連記事】
freetel、LTE対応SIMフリースマホやモバイルルータを含む新機種を発表! | もちあるいてなんぼ。
ファーウェイ、SIMフリースマートフォン国内発売を発表! | もちあるいてなんぼ。