2014年5月19日月曜日

ヤフー、新生イー・アクセスの買収中止を発表


これは驚いた。言葉もない。

ヤフー株式会社によるイー・アクセス株式会社の株式取得の中止と今後の協業について / プレスルーム - ヤフー株式会社

ヤフーが6月に予定していた新生イー・アクセスの買収中止を発表した。
買収の発表があったのが3月27日なので、わずか2ヶ月半ほどでの白紙撤回となった。

【速報】ヤフー、イー・アクセスの買収を発表 | もちあるいてなんぼ。

買収中止の理由については、以下の通り。
 ヤフーがイー・アクセスを子会社化して自らインフラを手がけるよりも、ヤフーはサービス、イー・アクセスはインフラというそれぞれの強みを生かした協業の形で事業を進めていくことが望ましいとの結論に至りました。

う~ん・・・。

表向きの理由だけではなく、グループ内のいろいろな事情があっての白紙撤回だろうが、ユーザとしては「期待してたのに、なんだか振り回されて終わった」という気持ちだ。

今回中止となったのは、「ヤフーによる新イー・アクセスの株式取得」と、「新会社の社名をワイモバイルに変更」の2点で、「イー・アクセスとウィルコムが6月1日に合併」は予定通り行われる。また、将来的には新会社の社名は「ワイモバイル株式会社」になるとしている。

ウィルコムはこれまでも、様々な時代の波に翻弄されてきた企業だと思うのだが、それはまだまだ終わらないのだな・・・とため息をつきたくなった。

【関連記事】
「ワイモバイル」誕生でウィルコムはどうなる? | もちあるいてなんぼ。