2014年5月16日金曜日

Amazonスマートフォンランキングに異変!auが首位に

昨日の「mineo(マイネオ)」の記事の中で「auの白ロム価格が急騰するのは間違いなし」と書いたのだが、昨夜からさっそくAmazonのスマートフォン本体ランキングで、auの白ロムが急上昇している。
auのMVNOがついに始まる!ケイ・オプティコム「mineo」発表 | もちあるいてなんぼ。

Amazon.co.jp: スマートフォン本体のベストセラー

一昨日まで、このランキングではドコモSH-06EとCovia CP-F03aの2機種が1位争いを繰り広げていたが、それらを抜いて現在1位~3位を独占しているのは、auのFJL22だ。

mineoはデータ通信は「LTEのみ対応」となっており、ドコモMVNOのように「LTEと3Gの両方に対応」ではない。このためLTEに対応している比較的新しい端末で、かつ1万円台と安価なFJL22に人気が集まっているようだ。

動作確認端末一覧でも、ほとんどがAndroid4.0以上のau端末になっている。SIMフリーで唯一掲載されているのはiPhone5s/5cだが、こちらについては6月3日以降にAPN構成プロファイルが公開されるとのこと。
※SIMフリーiPhone5s/5cでMVNOを利用する際は、APN構成プロファイルのインストールが必要。詳しくは以下の記事へ。
「SIMフリーiPhone5s/5cで使うドコモMVNO」を選ぶ4つのポイント | もちあるいてなんぼ。

【関連記事】
auのMVNO「mineo」とドコモMVNOの違いについて考えてみた | もちあるいてなんぼ。