2014年5月14日水曜日

あの「ツートップ宣言」から1年、2014ドコモ夏モデルは?

本日、ドコモの2014年夏モデル発表会が開催された。

https://www.nttdocomo.co.jp/product/2014_summer_feature/lineup/
新製品ラインナップ | 2014夏モデル | 製品 | NTTドコモ

今回の目玉は何と言ってもVoLTE対応だと思うのだが、これは先月の新料金プラン発表で予告されていたので、あまり驚きはなかった。
ドコモ、新料金プラン発表!夏にVoLTE開始も | もちあるいてなんぼ。

端末は従来モデルの新機種が順当に発表され、変化球や隠し球的なものはなかったし、新サービスも大きなものは特になし。
正直、「うーん、あんまりネタになることが無いなぁ」と思った新モデル発表会だった。

このブログを書き始めてから3回目のドコモ夏モデル発表になるのだが、一昨年は「新ラインナップからガラケー消滅」、昨年は「ツートップ宣言」という大きなニュースがあり、その都度時代の変化を感じていた。
これまでに比べると、今回は本当に衝撃的なニュースはなく、先日ソフトバンク孫社長が言っていた「新モデル発表会は役割を終えた」という言葉がふと頭をよぎってしまった。
もっとも、ドコモは今後も新モデル発表会を続けていくようだ。
ドコモ加藤薫社長、今後の新端末発表会開催に前向きなコメント | マイナビニュース

また、昨年夏は「ツートップ」、冬は「スリートップ」としてオススメ機種を選定してきたドコモだが、今回はどうだったかというと。

NTTドコモ:「お勧めは全部」 加藤社長の質疑応答 - 毎日新聞より引用:
−−新製品の中で、お勧めは。
 加藤社長 全部です。それぞれ特徴がありますので。その特徴をうまく選んでもらって、自分に合うものを選んでいただけるラインナップにしたつもりだ。

はぁ、こういう展開を見ると、昨年のツートップ宣言は何だったのだろうと思ってしまう・・・。

【関連記事】
ドコモ新発表の衝撃(2)「ドコモのツートップ」が意味するもの | もちあるいてなんぼ。