2014年3月23日日曜日

ドコモMVNO一覧表と税別・税込価格の話

20日、OCNモバイルONEの増量と値下げの詳細記事をアップした後、『ドコモMVNO一覧表』と『カテゴリ別ドコモMVNO比較まとめ』も更新した。
特に一覧表の方は、最近発表されたIIJmiohi-ho楽天の増量や、3月に入ってSIM単体での提供が始まったPCデポの追加等を行った。

3月に入ってから更新に時間がかかったのは訳がある。
プラン改定内容の反映を行うだけでなく、一覧表に記載されている月額料金を税別表記に変更する必要があったからだ。
(4月からの消費税率変更を前に、それまでの総額表示義務が緩和され、税別での表示も認められるようになった。このため、各社とも公式サイト等での表示が税別になってきている。)

OCNの発表で、ほとんどのドコモMVNO事業者が税別価格を公開したので、これに合わせて一覧表の価格もこれまでの税込から税別に変更した。
ただし、一部の事業者は公式サイトに税込価格しか記載されていないため、一覧表では「税込」と注意書きしている。

今回『ドコモMVNO一覧表』を修正していて、気がついたことが一つある。
もともと、消費税5%込では同じ月額980円だった「BIGLOBE LTE・3G エントリープラン」と「Tikiモバイル LTEライト タイプD」が、税別価格はBIGLOBEが933円、Tikiモバイルが934円になっているのだ。

同じ月額料金だったはずなのに、税別表示にすると1円の差が出てしまうのは何故なのか?

私も税金の計算は全く詳しくなく、調べてみたところ、税別価格から税込価格を計算する際に出た1円未満の端数の処理方法は、事業者が決めてよいらしい。

総額表示Q&A : 財務省より引用:
「税抜価格」に上乗せする消費税相当額に1円未満の端数が生じる場合がありますが、その端数をどのように処理 (切捨て、切上げ、四捨五入など)して「税込価格」を設定するかは、それぞれの事業者のご判断によることとなります。

933円×1.05=979.65円
934円×1.05=980.7円

933円の場合は小数点以下四捨五入、934円の場合は小数点以下切り捨てにすれば、どちらも980円になる。
端数の処理の仕方が事業者ごとに異なるので、1円の差が出るようだ。勉強になりました。

【追記】BIGLOBE LTE・3Gのエントリープランは、4月1日から税別900円への値下げを発表した。