2014年1月30日木曜日

NECがビッグローブの売却を正式発表

先日投資ファンドへの売却が報道されたビッグローブだが、NECから売却が正式に発表された。
報道されていたとおり、売却先は「日本産業パートナーズ」となる。

NECビッグローブ社の株主変更について (2014年1月30日):プレスリリース | NEC

3月までに売却の手続きを完了し、4月からは新たな株主の元で事業を継続するとしている。
もちろん、現在の事業についてはこれまでと変わりなく提供される。

プレスリリースとは別に、ビッグローブの社長名で顧客向けメッセージが公開されている。

当社の株主変更について―「NECビッグローブ」から「ビッグローブ」へ― | NECビッグローブ株式会社より引用:
みなさまに現在ご利用いただいているサービスやキャンペーンについては、従来と変わることなく、引き続きご利用いただけますので、どうぞご安心ください。

新たな株主となる日本産業パートナーズは、みずほ証券系の投資会社。かつてオリンパスの情報通信事業を買い取った実績もある。
オリンパス、情報通信事業を日本産業パートナーズに530億円で売却 | 精密機器・半導体 - 財経新聞

ビッグローブにとって親会社NECから離れることは、逆にチャンスとも捕らえることができる。新しい展開に期待したい。

【関連記事】
もちあるいてなんぼ。: ビッグローブの売却が具体化、相手は投資ファンド
もちあるいてなんぼ。: NECがBIGLOBEを売却へ、MVNO事業はどうなる?