2014年1月21日火曜日

ビッグローブの売却が具体化、相手は投資ファンド

昨年秋に話題となったNECビッグローブの売却について、具体的な売却先を含めた報道が出てきた。

ビッグローブ 投資ファンドに売却へ NEC、700億円前後 :日本経済新聞
NEC ビックローブを売却へ - NHK 首都圏 NEWS WEB

売却先は同業他社ではなく、投資ファンドとのこと。
このファンドは今後、ソニー系のソネットや富士通系のニフティとの連携を模索すると報じられている。

先日発表があったとおり、ドコモMVNO事業としては来月「ほぼスマホ」の新機種投入とSMS対応SIMの提供開始が決まっており、今後もしばらくサービスの継続は間違いない状況。
しかし、長い目で見ると、ソネットやニフティとの提携は「ドコモMVNOの再編」にも繋がっていくかもしれない。

【関連記事】
もちあるいてなんぼ。: NECがBIGLOBEを売却へ、MVNO事業はどうなる?
もちあるいてなんぼ。: BIGLOBE「ほぼスマホ」復活!シャープから「AQUOS PHONE」供給