2013年12月2日月曜日

BIGLOBE「ほぼスマホ」復活!シャープから「AQUOS PHONE」供給


先月NE-202の販売終了が発表され、このまま「ほぼスマホ」ブランドは終わってしまうのか・・・と思いきや、大胆な方法で復活を遂げた。

BIGLOBEが「Wi-Fi(R)ほぼスマホ」(AQUOS PHONE for BIGLOBE)の先行予約を開始 | プレスルーム | NECビッグローブ株式会社

なんとシャープから「AQUOS PHONE」の供給を受けて、新たな「ほぼスマホ」を発売することになった。シャープの公式サイトにもプレスリリースが掲載されている。
NECビッグローブ株式会社向け「AQUOS PHONE SH90B」を製品化 | ニュースリリース:シャープ

ケータイWatchの記事によると、この端末はドコモ2013夏モデル「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」がベースになっている模様。
これまでの「ほぼスマホ」と同様、ドコモ独自サービスであるエリアメールやおサイフケータイは非対応となる。
発売予定日は来年2月3日だが、今日から先行予約が開始されており、 先ほど紹介した新プラン「エントリープラン」が2ヶ月分無料になる等の特典が付与される。
もちあるいてなんぼ。: 【更新】BIGLOBE LTE・3G、月額980円で1GB・Wi-Fi付の「エントリープラン」開始!

ベースモデルとなっているSH-06Eは、価格コムのレビューを見てもかなり評判が良く、アマゾンのスマートフォン本体ランキングでもここ最近上位を獲得し続けている。それだけに楽しみだ。

私は先月「ほぼスマホ、販売終了へ」という記事を書いたのだが、こちらの記事も訂正しておいた。
もちあるいてなんぼ。: 【訂正あり】BIGLOBE「ほぼスマホ」販売終了へ

この記事を書いた時は「ビッグローブの端末ラインナップは、Nexus7とモバイルルータだけになってしまうのでは」と思っていたのだが、まさかNEC以外のメーカーから端末供給を受けるとは考えてもみなかった。
親会社のNECがビッグローブの株式を売却することはすでに報道されているが(『NECがBIGLOBEを売却へ、MVNO事業はどうなる?』参照)、もしかしたら親会社がNECでなくなることにより、端末供給元を選ぶ自由が生まれたのかもしれない、と想像してみる。

何はともあれ、ビッグローブがこの先もドコモMVNO事業に注力していくことが分かったので、嬉しい限りだ。

【関連記事】
もちあるいてなんぼ。: BIGLOBE「Wi-Fiほぼスマホ」は"買い"か?