2013年12月24日火曜日

【更新】b-mobile「月額定額プランI」「月額定額プランN」発表!

日本通信が、新年から新しいデータ通信サービスの開始を発表した。

日本通信、市場育成時代から切磋琢磨時代へ 価格を合わせ、より高サービスを提供開始

今回発表された新プランは「月額定額プランI」「月額定額プランN」の2つ。
このうち「月額定額プランI」は、高速通信量が月間600MB(超過後は200kbps)で月額945円(税込)、「月額定額プランN」は、高速通信量が1日40MB(超過後は200kbps)で月額980円(税込)となる。
皆さんお気づきのとおり、プランIはIIJmio、プランNはOCNのサービス内容を強く意識したものとなっている。プラン名称のIはIIJ、NはNTTコミュニケーションズの頭文字から取っているのも間違いないだろう。


利用スタイルに合わせて選べる データ専用SIMサービスの決定版 プランI プランN | b-mobile

先日『b-mobile、「月3GBまで1638円」SIMとモバイルルータのセットを発売!しかし・・・』でも書いたとおり、他社の価格競争を批判しておきながら、こうしてまた自社のプランで「他社対抗」を謳うのはどうだろう・・・と思ったのだが、今回の2つのプランは、イオン専用SIMやスマートSIMからの変更専用となっており、新規に契約できるプランではない。
なので「IIJmioやOCNから契約者を取り返す」といった目的のプランではなく、あくまでも「既存契約者向けのサービス改善」の一つなのだと思う。

プレスリリースにも「長年当社サービスをご利用頂いたお客様から始めて、次ぎ次ぎと内容で競争力のあるサービスをご提供します。」とあるが、それでは次の一手はどんなものになるのか。
実は今回の2プランについては、21日に三田社長がツイッターで「プランIとプランNを紹介します。お楽しみ。」とつぶやいている。そしてその数日前には、こんなことをつぶやいていた。

Twitter / FSSanda: 日本通信はまもなく03番号でスマホンつかえるようにする。 ...

これが、以前のプレスリリースで言うところの「キャリアがやっていない、又はやりたくないサービス」であり、「クリエイティブな競争」の第一歩になるのかどうか。今後の発表が楽しみだ。