2013年12月29日日曜日

勝手に選ぶ!2013年ドコモMVNOニュースBEST5(ガジェット編)

今年は、ドコモMVNOのSIMが使えるガジェットが数多く登場した年たっだ。
僭越ながら、勝手にBEST5を選んでみた。

5位 BIGLOBEの二代目「ほぼスマホ」


昨年の初代「ほぼスマホ」に続き、二代目となる「MEDIAS NE-202」が発売されたのが、今年の6月。待望のLTE対応版だった。

もちあるいてなんぼ。: 「LTE対応ほぼスマホ」MEDIAS for BIGLOBE LTE、ついに発表!

NECのスマホ事業撤退で、三代目の登場が危ぶまれたが、シャープから端末供給を受けて「Wi-Fiほぼスマホ」が発売されることが決まったのは、記憶に新しいところだ。

もちあるいてなんぼ。: BIGLOBE「ほぼスマホ」復活!シャープから「AQUOS PHONE」供給


4位 freebit mobile「PandA」


DTIの親会社フリービットが「あなたのモバイルコストを1/3へ」というキャッチフレーズと共に「freebit mobile」を発表したのが11月のこと。

もちあるいてなんぼ。: 【更新】「freebit mobile」始動!オリジナルスマホ「PandA」発売

「ほぼスマホ」のように、すでにドコモで販売された端末をメーカーから調達してくるのではなく、自ら商品・サービス開発を行って端末を調達してくるというのは、実はすごいことではないかと思う。今後の展開に期待!


3位 ASUSがタブレット7機種を国内発売


今年のASUSはすごかった。数えてみたら、何と7機種もSIMフリータブレットを国内発売していた。
これらのタブレットの中には、ドコモMVNOの月額プランとセットで提供されたり、端末を購入するとSIMパッケージが無料で付いてくる、というキャンペーンが行われたものも多かった。特にNexus7の2機種は大当たりの年だったと言っていいだろう。

もちあるいてなんぼ。: Amazonで「新旧Nexus7と合わせて買うとIIJmioプリペイドパック無料」キャンペーン実施中


2位 Nexus5が国内販売開始


Googleのフラッグシップモデル「Nexus5」が11月1日に発表&発売されたが、何と言っても「海外と日本で同時発売」されたことが大きかった。
GooglePlayからの発送も、Nexus7(2012)の時はトラブルが多かったが、今回はそうでもなかったようで、発売から3日ほどで手元に届いた人も多かったようだ。
また国内ではイー・モバイルが販売し、矢沢永吉出演のテレビCMをかなり打っているため、国内で「Nexusブランド」の認知度が高まった記念すべきスマホとも言えるだろう。

もちあるいてなんぼ。: 【更新】Nexus5をドコモMVNOで使う時に気になること3つ
もちあるいてなんぼ。: 【更新】Nexus5で「ドコモMVNOの音声通話プラン」の比較


1位 ドコモ版&SIMフリー版iPhone5s/5c発売


やはり今年はコレに尽きる。
9月の「ドコモ版iPhone発売」、そして11月の「SIMフリー版iPhoneの国内発売」。世界的に見てもiPhoneのシェアが非常に高い日本で、この2つのニュースはまさにエポックメイキングだった。
しかし一方で、これらをドコモMVNOで使おうとすると制約が多く、なかなか難しいことも事実。そういう意味でも大きなニュースだった。

もちあるいてなんぼ。: iPhone5s/5cでの検証結果をIIJmioが公開!3G通信は可能
もちあるいてなんぼ。: 【更新】「SIMフリーiPhone5s/5cで使うドコモMVNO」を選ぶ4つのポイント


【関連記事】
もちあるいてなんぼ。: 勝手に選ぶ!2013年ドコモMVNOニュースBEST3(サービス編)
もちあるいてなんぼ。: 勝手に選ぶ!2013年ドコモMVNOニュースBEST3(企業編)
もちあるいてなんぼ。: 勝手に選ぶ!2013年買って良かったモノBEST3