2013年11月29日金曜日

Kindle Fire HDX体験イベントに行ってきた!


昨日28日から12月1日までの期間限定で、新しいKindle Fireシリーズを体験できる「Kindleエンタメステーション」が出店されているので、さっそく行ってみた。

Kindle エンタメステーション @ 表参道 新しいKindleの世界を体験しよう

Kindleのタッチ&トライイベントは、昨年12月にも行われていて、今回が2回目の参加。
昨年の記事はこちら。
もちあるいてなんぼ。: Kindle Fire HD体験イベントに行ってきた!

1階がタッチ&トライコーナー、2階がリビング・キッチン・寝室などの生活空間でKindleを体験できるコーナーとなっている。
私が行った時間は、ちょうど2階ではクローズドイベントが実施されていて入ることができなかったので、タッチ&トライの感想を。

まず入ってすぐに「Kindle Fire HDX8.9」と「Kindle Fire HDX7」が展示されていて、たまたま空いていたのですぐ手に取ることができた。
新しい「Kindle Fire HDX」シリーズはココが凄い!』でも、とにかく「薄さと軽さ」が売りだと書いたが、特に8.9の薄さ軽さは驚異的だった。
一目見て「うすっ!」持ってみて「かるっ!」、思わずその場で声が出てしまった。
直接並べて比べたわけではないが、これiPad Airといい勝負なのでは・・・と思ったら、下の記事によると本当にいい勝負のようだ。

【山口真弘の電子書籍タッチアンドトライ】Amazon「Kindle Fire HDX 8.9」 ~2,560×1,600ドット、8.9型でわずか374gの超軽量タブレット - PC Watch

画面もキレイ、動きもサクサクで、ちょっと触れただけで「これはスゴイ」と思わせてくれた。
また、26日に開始された動画配信サービス「インスタント・ビデオ」もメニューの一つに入っていたが、この端末なら映画も見てみたい、と思った(正直7インチだと2時間の映画を見たいとは思わなかったので)。

8.9を触った後に7を触ると、こちらも前モデルよりかなりブラッシュアップされたにも関わらず、平凡な7インチタブレットにしか見えなかった・・・というぐらい、8.9はインパクト大だった。

Kindle Fire HDXは、ビックカメラ、ジョーシン、ケーズデンキ、コジマ等の家電量販店でも販売されるので、店頭で実機があったら是非触ってみてほしい。