2013年11月26日火曜日

【更新】IIJmio、SIMフリーiPhone5s/5cの検証結果を公開!

iPhone 5C
iPhone 5C / Janitors


先週22日に国内販売が始まったSIMフリーiPhone5s/5cだが、ドコモMVNOのSIMで利用した場合、どのような挙動になるか気になっている人も多いと思う。
26日と27日、IIJmioがSIMフリーiPhone5s/5cの検証結果を公開した。

mio高速モバイル/D - 動作確認済み端末

公式アカウントのツイートにもあるとおり、結果としてドコモ版iPhone5s/5cと同じ挙動になった。
つまり、
  • IIJmioが用意したAPN構成プロファイルをインストールすることで、3G通信が可能となる
  • SMS対応SIMを使うことで、アンテナピクトが表示され、LTE通信も可能となる
  • SMS対応・非対応に関わらず、テザリングは不可
ということになる。

9月にドコモ版iPhone5s/5cが発売され、IIJmioが検証結果を発表した際は「3G通信のみ可能で、LTE通信は不可」となっていた。
もちあるいてなんぼ。: iPhone5s/5cでの検証結果をIIJmioが公開!3G通信は可能
しかし、10月にIIJmioがSMS対応を開始し、SMS対応SIMを利用すると、ドコモ版iPhone5s/5cでもLTE通信が可能となることが分かった。これは上の「動作確認済み端末」の備考欄にも記載されている。

よって、SIMフリーiPhone5s/5cでドコモMVNOを利用する場合は、音声通話対応のものか、SMS対応のものを選ぶことをお勧めする。
(音声通話対応、SMS対応のドコモMVNOについては『カテゴリ別ドコモMVNO比較まとめ』をご参照頂きたい)

・・・この検証結果を見て、とにかく残念、残念という気持ちが強い。
せっかくのSIMフリー機なのに、いろいろと制限が付いてしまった(特にテザリング)ことに対してだ。
やはり3キャリアにはいろいろと配慮しなければいけないということか・・・。


【11/26追記】
日本通信公式アカウントも、SIMフリーiPhone5cでの動作確認結果をツイートした。
「スマホ電話SIM フリーData」で、APN構成プロファイルをインストールすることで利用できる。

また、IIJmio公式アカウントのその後のツイートによると、「構成プロファイルではLTE用APNの指定はできないが、SMS対応SIMならその状態でLTE接続が可能」とのことだ。

【11/27追記】
5cに続き5sの検証結果が出たため、本文およびタイトルを更新した。
やはり5sも5cと同じ結果となった。

もちあるいてなんぼ。: 「SIMフリーiPhone5s/5cで使うドコモMVNO」を選ぶ4つのポイント