2013年10月11日金曜日

NECがBIGLOBEを売却へ、MVNO事業はどうなる?

昨日夜「NECがBIGLOBEを売却する」というニュースが入ってきた。

NECからは正式な発表はないが、来月には売却先を決める入札が実施され、これにはNiffyやSo-netといった同業他社が参加する予定だという。

NEC、ビッグローブ売却−来月中にも1次入札、ニフティ参加意向:日刊工業新聞

BIGLOBEは、いうまでもなく国内でも最大規模のインターネットプロバイタのひとつであり、このブログ的には主要ドコモMVNOのひとつ、である。

ドコモMVNO参入当初から、「デイタイムプラン」といった時間帯制限のあるプランで月額を安くしたり、「ほぼスマホ」でスマートフォン付きプランを提供したり、最近では月額980円のイオン専用プランを開始するなど、非常にアグレッシブにプラン展開を行っていた。

NECがスマートフォン撤退を決めた時も、「ほぼスマホはこの先どうなってしまうのか」という心配があったが、今回親会社が変わることで、ドコモMVNO事業全体がどうなるのか、非常に注目される。