2013年9月13日金曜日

ドコモ版iPhoneではドコモMVNOは使えないかもしれない

本日、ドコモ公式サイトにiPhoneページがオープンし、料金プランや各種キャンペーンの内容が明らかになった。


iPhone | NTTドコモ

ドコモの契約者でiPhoneに機種変更する場合は、iPhone 5c(32GB)・iPhone 5s(16GB)の本体代が実質0円になる「iPhone買いかえ割」や、他社iPhoneの利用者がMNPする場合、最大20000ドコモポイントで下取りする「iPhone下取りプログラム」などが発表された。

その一方で、海外などでドコモ版iPhoneを使いたい人には、残念なお知らせもある。

ドコモ、新型iPhoneはSIMロック 他2社と同様  :日本経済新聞

SIMロック自体は、現在販売されているドコモのAndroid機でもかかっているから不思議ではない。
ただしAndroidについては、ドコモショップで手数料を払えばSIMロック解除に応じてくれるが、今回発売されるiPhoneではSIMロック解除は行わない、ということだ。

とはいえ、ここまでは想定の範囲内。
ドコモMVNOユーザを震撼させているのは、料金ページにある以下の一文だ。

iPhoneではspモード以外のLTEインターネット接続サービスはご利用になれません。
via: 料金:iPhone 5c | iPhone | NTTドコモ

これは、iPhone専用データ通信プラン「Xiパケ・ホーダイ for iPhone」の注意として書かれているもの。

spモードとは、ご存じのとおり「ドコモ契約者がドコモのスマートフォンでインターネット接続する際の専用プロバイダ」だ。ドコモ契約者でなければ利用できない。
このため、「ドコモ版iPhoneでは、ドコモMVNOのSIMではネットに接続できない」と受け取れる。

もう少し詳しく説明すると。
我々がドコモMVNOのSIMを使おうとする時、iPhoneでもAndroidでも最初に必ずAPN設定を行うが、ドコモ版iPhoneの場合はAPNがspモードに固定されていて変更できない、という可能性がある。
例えばIIJmioの場合、APNは「iijmio.jp」と設定するが、ここがspモード用の値に固定され変更できなくなると、IIJmioのSIMを挿入してもネットに接続できないことになる。

もちろん、この「APNがspモード固定」というのは、上の一文を受けて私が考えただけのもので、実際は違うかもしれない。こればかりは20日以降に実機での検証結果が出るのを待つしかない。

(「LTEインターネット接続サービスはご利用になれません」ということは、「LTEではなく3Gなら繋がる」という可能性もあるが・・・)

幸い、IIJmioの中の人が「ドコモ版iPhoneでも検証を行う」と発言しているので、これを待ちたいと思う。

【追記】
週アスPLUSがこの件についてドコモ広報部に取材した記事が出ている。

ドコモ版iPhone5s、5cの気になるSIMロックの件を聞いてみた

ドコモMVNOのSIMについては「動作保証対象外なのでコメントを差し控える」とのことだ。

【さらに追記】
もちあるいてなんぼ。: iPhone5s/5cでの検証結果をIIJmioが公開!3G通信は可能