2013年9月20日金曜日

iPhone5s/5cでの検証結果をIIJmioが公開!3G通信は可能

iphone5s
iphone5s / sam_churchill


昨日のiOS7での検証結果公開に続き、本日発売のドコモ版iPhone5s/5cでの検証結果を、IIJmioが公開した。

てくろぐ: iPhone 5s・iPhone 5c IIJmio高速モバイル/Dで使える?

先週『ドコモ版iPhoneではドコモMVNOは使えないかもしれない』を書いた時から、このことが気になって気になって仕方なかった。ドコモ版iPhoneが発売されて、実機での検証結果を待つより他なかったのだが、その結果が分かって正直ほっとしている。

結論としては「APN構成プロファイルを使えば3G通信は可能」だった。
ドコモ版iPhoneでドコモMVNOを使う道が完全に塞がれたわけではなかった。

「APN構成プロファイル」とは、APN情報を書き込んだ設定ファイルのことで、IIJmioではiOS6の時からテザリング用に「APN構成プロファイル」を作成して公開している。

テザリングを利用可能にするためには、「APN」や「アカウント」「パスワード」をiPadの画面から設定する代わりに、「構成プロファイル」というファイルに書き込んで読み込ませる必要があります。構成プロファイルは自分で作ることもできますが、めんどくさいと思いますので作っておきました。
via: てくろぐ: iOS6とIIJmio高速モバイル/D

プロファイルのインストール方法など、詳しいことは以下のページにて。

mio高速モバイル/D - iOS APN構成プロファイル

では当初の「spモードしか使えない」という話はどうだったのかというと、APN構成プロファイルを入れていない素のままのドコモ版iPhoneでは、APNの変更ができずドコモMVNOは使えない、ということだった。詳しくは以下の週アスPLUSの記事を。

ドコモ版iPhone5sにMVNOのデータSIMを入れたら使えなかった件【追記】

今日の昼頃に上の記事が公開されたときは、「やはりドコモMVNOはダメなのか」ということで騒然となったが、その後IIJてくろぐの記事が公開され、プロファイルを入れれば大丈夫ということが分かった。この経緯については週アスPLUSの記事にも追記されている。

しかし、IIJmioが公開しているプロファイルはIIJmio専用のもの。他のドコモMVNOで使いたい場合は、その事業者がプロファイルを公開してくれるのを待つか、自作する必要がある。
アップルは自分でプロファイルを作成するためのソフトウェア「iPhone 構成ユーティリティ」(リンクはWindows版、他にMac版もあり)を用意しており、APN設定の仕方も公開している。

iOS:iPhone 構成ユーティリティを使用した APN 設定の編集方法

腕に覚えのある人は、IIJmioのプロファイルを参考にすれば設定できると思う。

LTE通信はできない、テザリングもできないと、残念なことにはなったが、それでも「全く使えない」ということはなかったので安心した。
また、昨日から今日にかけての検証とその結果公開の速さで、さらにIIJmioへの信頼感が増した。本当に感謝だ。