2013年7月8日月曜日

hi-hoミニマムスタート500MBを1ヶ月使った感想

私が契約しているhi-hoLTE typeDミニマムスタートプランに、500MBの高速通信量が付与されて1ヶ月。
1週間経ったところで途中経過の記事を書いたが、最初の1ヶ月が終わったので、まとめておきたい。

もちあるいてなんぼ。: ミニマムスタート500MBを1週間使ってみての感想

上の記事でも書いたとおり、私の使い方だと「朝の移動時間帯」と「昼休み時間帯」だけ高速通信できれば、あとは200kbpsでもさほど不満はない、という感じ。
なので朝と昼で高速通信ON/OFFできればよいのだが、hi-hoはIIJmioと違ってアプリがなく、会員ページにログインしてON/OFFしなければいけない。しかしこれが重くて、1日2回切り替えるのがおっくうになってしまう・・・ということで、だいたい5日おきぐらいにON/OFFしながら様子を見ていた。

あと10日となったところで残量確認したところ、半分(つまり250MB)余っていたので、そこから先は切替せず、高速通信のままで月末を迎えた。

7月なり、会員ページにログインして残量確認したところ。
6月に付与された500MBはもちろん使い切っていて、さらに5月に購入した高速通信量の残分80MBも使い切ってしまっていた。
やっぱり「あると使っちゃう」というものだな、と実感。

高速通信ON/OFFアプリがあるといいのだけど・・・と無い物ねだりをしても仕方ないので、自動機内モード等を使って通信量を削減しつつ、ちょくちょく残量を確認してON/OFFするしかないのかな、と考えている。

余談だが、IIJmioは公式アプリの他にもユーザの自作アプリが複数あってうらやましい限り。