2013年6月7日金曜日

ドコモが通話定額制を来年開始か?

今朝の日経一面トップニュースで、以下のような記事が出た。

ドコモ、音声通話に定額制 14年度メド月1000円軸  :日本経済新聞

内容を見ると、2014年度を目処に月額1000円前後で他社携帯とも通話が定額になるプランを検討し始めた、とのこと。
これだけ見ると、ウィルコムユーザとしては「だれとでも定額をパクられた!」となるのだが、ドコモMVNOユーザとしては、また違った見方になる。

上の記事を見ると、
・定額の対象になるのは、来年度から発売される「LTEで通話できるスマホ」
・定額制導入は、3GとLTEへの二重投資を回避するため
とある。この2つが大きなポイント。

来年度以降の新端末はいわゆる「VoLTE」で音声通話を実現する、ということと、この定額制導入をきっかけに3GからLTEへの乗換をいち早く進めたい、というドコモの意図が見える。

この「VoLTE」を使った新しい音声通話プランが、ドコモMVNOからも発表されたりすると面白いな、と思ったり(まだだいぶ先の話だが)。

【追記】
ドコモはこの報道を否定するプレスリリースを出している。
ドコモからのお知らせ : 本日の一部報道について | お知らせ | NTTドコモ