2013年6月8日土曜日

ミニマムスタート500MBを1週間使ってみての感想

先週土曜日の6月1日から、IIJmioおよびhi-hoのミニマムスタートプランで、月500MB分の高速通信量付与が始まった。
使い始めて1週間となるので、少し感想など。

前回の記事を書いた後、会員ページ上で高速通信をONにして使ってみたところ、3日後に確認したらすでに100MB消費していた!
(hi-hoは通信量の表示が10MB単位?らしいので、わりと大雑把ではあるが)
3G Watchdogでも通信量を確認したが、やはり1日平均30MBくらい消費している。
また、高速通信をONにする以前の期間と比べてみると、1日の消費量はやや増えているので、やはり「高速通信できるようになると通信量も増える」という傾向は当たってるな、と感じた。

使ってみて思ったのは、やはり「朝の通勤時間帯」と「昼休み時間帯」は高速通信ONだとかなり快適ということ。逆にそれ以外の時間帯は200kbpsでも割といける、ということだ。
なので、本当は朝と昼だけON、それ以外はOFFとできると一番よいのだが、hi-hoはIIJmioと違ってON/OFFアプリが提供されていない。
このため、WEBで会員ページにログインしてON/OFFを切り替えるのだが、これが結構レスポンスが遅くてイライラする。正直、あまり頻繁にON/OFFするものではないなーという印象。

・・・というわけで、ON/OFFのタイミングをいろいろ試しながら運用中。みなさんはどうだろう?