2013年5月15日水曜日

ドコモ新発表の衝撃(2)「ドコモのツートップ」が意味するもの

Galaxy Nexus VS Xperia Ray
Galaxy Nexus VS Xperia Ray / barbatoutes


今日の発表でもう一つ衝撃的だったのが、このニュース。
これは正式発表前の今朝、日経新聞にリークされている。

ドコモ、スマホメーカー選別 人気機種を値下げ  :日本経済新聞

この記事を見た時は目を疑った。
あのドコモが、端末により販売価格に差をつけて、売れ筋をより安くするという。
こんなメーカー潰しの施策をするとは、にわかに信じられなかったからだ。

しかし今日の発表では、事実Galaxy S4とXperia Aが「ドコモのツートップ」として派手にお披露目された。

ドコモのツートップ | 2013夏モデルの主な特長 | 製品 | NTTドコモ

このページでは分からないが、この2機種のみ月々サポートが増額され、他の機種の倍となっている。「はじめてスマホ割」と「ありがとう10年スマホ割」のページに早くも2機種のことが書いてある。

キャンペーン・イベント情報 : はじめてスマホ割 | NTTドコモ

キャンペーン・イベント情報 : ありがとう10年スマホ割 | NTTドコモ

これまでのドコモ新モデル発表会と言えば「たくさんのメーカーのたくさんの端末をズラッと並べた華やかなもの」というイメージがあった。
選ぶ方も、豊富な機種やカラバリから選ぶ楽しさがあったはずだし、メーカーの方も、ドコモ端末であれば一定の売上は確保できると踏んでいたはずだ。
しかし、そういう時代は完全に終わってしまった。
加藤社長はこうコメントしている。

結果として売れるものと売れないものは出てくる。それは甘受しなければならない
via: 夏は“ツートップ”、ドコモ加藤社長の狙いとは - ケータイ Watch

以前『 それでも「ドコモはiPhoneを出すべきでない」と私は思う』という記事で、ドコモがiPhoneを出せば国内のスマホの半分はiPhoneになり、国内メーカーが窮地に立たされる、ということを書いた。
iPhoneを出す前に、それが現実になってしまった形だ。

しかし、それは同時に、ドコモが「国内メーカーの保護」という呪縛から開放されることも意味している。
ならばやはりiPhone導入に踏み切るのか?というと、そうとも言い切れない。
今回の施策は、「メーカー間で競争を起こしてAndroid体制をより強固なものにしていくため」とも受け取れるからだ。

先ほどのLINE協業といい、やはりiPhoneの影がチラつく、ドコモの新発表だった。