2013年4月15日月曜日

So-netがドコモMVNO新サービス「NURO LTE」発表!

本日は、ソネットが個人向けFTTHサービスとしては世界最速という、下り最大2Gbpsの「NURO光」を発表して世間を驚かせたが、同じNUROブランドでドコモMVNOの新サービスも発表された。


ソネットはすでに「So-net 3G」というドコモMVNOを展開しているが、これはLTE対応しているものの最大速度が14Mbpsに抑えられており、その代わりに月額料金が安価なプランとなっている。
今回発表された「NURO LTE」は、LTEハイスピードである下り最大112.5Mbpsに対応しており、「ハイスピードVプラン」「ライトプラン」「+Talkプラン」の3プランが用意されている。

NURO LTE ハイスピードVプラン | 高速モバイル | インターネット接続 | So-net

「ハイスピードVプラン」は文字通りLTEハイスピードに対応したプランで、モバイルルータがセットで販売される(ただしこのルータは下り最大100Mbpsしか対応していない)。月額3800円で2年縛り。
また、縛り期間がなく月額4980円の「ハイスピードプラン」もある。

NURO LTE ライトプラン | 高速モバイル | インターネット接続 | So-net

皆さん注目するであろう「ライトプラン」は、速度は150kbpsで月額980円。1年縛り。525円/100MBでチャージも可能だが、高速通信のON/OFF機能はない。

NURO LTE +Talkプラン | 高速モバイル | インターネット接続 | So-net

「+Talkプラン」は、上記のライトプランに音声通話機能を付けたもので、月額2310円(無料通話500円付き)となる。1年縛り。

上記の月額料金にはソネットのモバイルコース(月額210円)が含まれているので、すでにソネット会員の場合は上の価格から210円引きとなる。

いずれのプランもSIMは2枚3枚まで持つことができるが、何枚にするかは契約時のみ選択でき、後から追加することはできない。SIMサイズは標準、micro、nanoの3種類。
【追記】
ヘルプを見ると「1つのIDにつき、2枚までSIM カードの追加申し込みが可能です」とあるので、合計では3枚まで持てる、と思う。また、追加SIM1枚あたり月額158円かかる。

また、対応機器一覧を見ると、FOMA端末/Xi端末ともラインナップされているので、FOMA端末では使えないということはなさそうだ。

・・・と、盛りだくさんの内容が発表されたが、ソネットのモバイル接続コースのページを見ると「So-net 3G」もまだ消えていないので、どうやら両方のコースを提供していくようだ。

また、プレスリリースにあるとおり、他社がドコモMVNOに参入する際に支援を行う「MNVE」事業も開始するとのこと。

So-net、LTEを利用したMVNE事業を開始 個人・法人を対象とした新サービスもスタート ー プレスリリース | So-net 会社情報

MVNEについては、以下の記事をどうぞ。
もちあるいてなんぼ。: ここでも日本通信vsIIJか、MVNEが競争激化