2013年4月23日火曜日

L-02Cでhi-ho LTE typeD 200kを試してみた


先日『hi-ho LTE typeD 200kで「FUSION IP-Phone SMART」を使ってみた』を書いた時に、hi-hoが200kbpsになったらもう一つやりたい事があったのを思い出した。
USBドングル型のLTE端末であるL-02Cで、200kbpsを試してみることだ。

hi-hoが128kbpsだった時に測定した記事はこちら。
もちあるいてなんぼ。: L-02Cでhi-ho LTEを使う 驚きのLTE128K編

久しぶりにL-02Cを使うので、PCのUSBポートに挿すと、まずソフトウェア更新するよう言われる。
けっこう時間がかかるので注意。
更新が終わり、さっそくLTE200kbpsで接続してみた。


いつもお世話になっているDTIの速度測定ツールの結果。


4月1日に、3Gの128kbpsで接続した時は平均180kbpsくらいだったので、やはりLTEの方が速い。
また、BNRスピードテストだと、以下のような結果に。

------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.5001
測定日時: 2013/04/23 20:36:21
回線/ISP/地域:
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 176.39Kbps (21.86KB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 443.08Kbps (55.12KB/sec)
推定転送速度: 443.08Kbps (55.12KB/sec)

上り(アップロード)速度テスト結果
データ転送速度    199.97kbps (24.99kB/sec)
アップロードデータ容量    200kB
アップロードに要した時間    8.001秒
測定日時    2013年04月23日(火) 20時37分

上りも下りも、やはり128kbps時の計測結果より2割増しくらいで速くなっている。

128kbpsの時も書いたとおり、PCに接続してちょっとブラウジングするくらいなら、これで全然使えるというレベルだ。

ちなみに、USBドングル型のLTE端末は、L-02Cの後続モデルでL-03Dというのが出ている。

L-02Cは本体の幅があり、PCのUSBポートに挿すと隣のUSBポートを潰してしまう。
(このため、私も付属の延長ケーブルを使用している)
L-03Dはスリムタイプでそのようなことがない。ただしその分、白ロム価格はやや高めのようだ。