2013年4月1日月曜日

hi-ho LTE typeDも200kbpsに高速化!1日計測してみた

というわけで、本家IIJmioの方はいろいろトラブルもあったが、高速化の方はおおむね好評のようだ。
「200kbpsというけどそれ以上出ている」という報告もちらほら。

実際、128kbpsのときから160kbpsくらいは普通に出ていたので、今回も200kbps以上出ていると聞いてもまったく驚かない。さすがIIJ、と思っている。

話は脱線するが、なぜIIJmioは公称値以上の速度が出るのかについては、こちらの記事が詳しい。

128kbpsにシェイピングする方式を質問してみたのですが、基本的に機密事項であるとしつつも、「ある程度のバースト性は許容していくつもりです」とのことでした。 バースト性が許容されるということは、短時間内で完了する通信をたまにするぐらいならば128kbps以上の速度が出る事を意味しているので、よくあるWeb版の速度テストだと128kbps以上の速度が瞬間的に出そうです。
via: Geekなぺーじ:IIJ 月額945円、SIMのみの契約可能なLTE接続サービスを発表(2)

で、本題。
私の使っているhi-ho LTE typeDも今日から200kbpsに高速化された訳だが、具体的に何時から切り替わるという発表はなかったので、1日のうち何回かスピードテストしてみた。
テストはいつもどおりDTI速度測定サイトを使用した。

まず朝の9時前。さすがにこの時間はまだ切り替え前だろうと思って計測してみた。
先ほど書いたとおり、日頃から160kbpsくらい出ているので、わりと普通の数値。

12時過ぎの数値。すでにこの時、IIJmioの方は「速くなった」というツイートがあったので、もしかしたらhi-hoも・・・と思ったが、9時前とあまり変わらず。

13時前の数値。平日のこの時間帯はいつも激重なので、これだけ出ていればかなり良い方。

16時前。お昼の数値と変わらず。

18時半ごろ。帰宅時間帯のため?やや遅い数値。

・・・というわけで、「あれ?いつ切り替わったの?」という結果になってしまった。
事前の予想としては、お昼ごろには200kbpsを超えて「高速化キター!」という展開になるのでは、と思っていたのだが、そうでもなかった。

が、いままでもhi-hoの品質には満足していたし、今日も一日を通して安定して100kbps台半ば~後半の数値が出ているので、 まったく問題ない。
スピードテストのツールによっても数値は変わるものなので、気にしないことにする。

が、これで終わると何だか寂しいので、このブログのFacebookページでアンケートを作ってみた。
「IIJmio・excite・hi-hoの128Kプランが今日から200kbpsに高速化されました!ユーザの皆さん、速さを実感できましたか?」という投稿です。
アカウントお持ちの方、ぜひ投票とコメントお願いします!