2013年4月2日火曜日

DTI、VoIPサービス「ServersMan 050」開始を3月中から4月に変更

昨日はIIJmio等の200kbps高速化の話題で盛り上がったが、その一方で「ServersMan SIM 3G 100」のDTIからもプレスリリースが。

サービス開始に関するお知らせ | アナウンス一覧:ユビキタスプロバイダ DTI

これによると、

「ServersMan 050」のリリース時期につきましては、3月29日にNTTドコモ(以下、「ドコモ」)から発表されましたMVNO事業者への卸売価格の値下げを織り込むため、4月にリリースさせていただくことといたしました。

via: サービス開始に関するお知らせ | アナウンス一覧:ユビキタスプロバイダ DTI

とのこと。

「ServersMan 050」とは何ぞや?と思って調べてみると、DTIの親会社フリービットから、3月始めにこのようなプレスリリースが出ていた。

3月中に子会社の株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 石田宏樹、以下「DTI」)より「ServersMan 050」の提供を予定しております。

via: フリービット、LINEなどで話題の「スマホ間の無料通話サービス」を短期間で実現するクラウド型スマホ向け次世代VoIPシステム「CloudVoIP」を開発しOEM提供を開始。全世界で取得済みの特許技術を利用し、待機時のバッテリー消費量ゼロ、アプリ同士の無料通話、050番号からの一般電話との通話環境を提供

長いプレスリリースのタイトルの通り、これはフリービットが開発した独自のVoIPシステム「CloudVoIP」を、「ServersMan SIM 3G 100」ユーザ向けに提供する、というもの。
当初は3月中に提供予定となっていたが、「4月にリリース」ということになった。

トラフィックモニタ画面|ネットワーク実効速度状況|会員サポート|【dream.jp】

上の実効速度グラフを見ると、依然として昼間の時間帯は速度が落ちているが、この状態でもクリアに通話できるVoIPになるのかどうか、要注目だ。