2013年3月21日木曜日

IIJmio、「最低速度を200kbpsに高速化・クーポン期限延長・クーポンON/OFF機能」を4月から開始!

ちょっと長いタイトルになってしまったが、要するに「IIJmioが最強のドコモMVNOになった!」と言い切ってしまっていいと思う。
これまでIIJmioに対して寄せられていた要望が、ほとんど実現したのではないだろうか。

IIJmio:プラン名称変更・サービス仕様改定のお知らせ(IIJmio高速モバイル/Dサービス)

(1)クーポン非適用時の最大速度の改定
(2)バンドルクーポンの有効期限の延長
(3)クーポンのON/OFF機能の提供

via: IIJmio:プラン名称変更・サービス仕様改定のお知らせ(IIJmio高速モバイル/Dサービス)

まず(1)だが、これまで最低速度が128kbpsだったのを、200kbpsに高速化した。これは明らかにイオンSIM等b-mobile SIMの最低速度が150kbpsになったのを意識しての数字だろう。

また(2)については、これまで「ファミリーシェア1GB」と「ライトスタート」の両プランで月初に付与されていたバンドルクーポンの有効期限を、当月末から翌月末まで延長するというもの。月中に使い切れなかった分は翌月に繰り越せるということだ。

最後に(3)については、長いこと待っていた人も多いだろう、クーポン適用時の高速通信をON/OFFする機能の提供である。これはb-mobileと同様にWeb上で切り替えることも出来る他、アプリとしても提供されるとのこと(ただし当初はAndroidアプリのみ)。また、ON/OFFはSIM1枚毎に切り替えることができる。

これらのサービス改定に伴い、プラン名が一部変更になる。
(旧)ミニマムスタート128プラン→(新)ミニマムスタートプラン
(旧)ファミリーシェア1GBプラン→(新)ファミリーシェアプラン

これらのサービス改定とプラン名変更は、4月1日から行われる。

・・・と、いろいろ書いてきたが、とにかく「IIJmioすごい」という気持ちでいっぱいだ。
先日「IIJmioプリペイドパック」の記事でも書いたとおり、販路拡大もヤル気十分で、サービス内容もこのように強化され、はっきり言って死角がない。

「迷ったらIIJmio行っとけ!」と言っていいと思う。

 ・・・後は、私が使っているhi-ho(IIJの子会社)も、早く同等のサービス内容になってくれと願うばかりだ。

【追記】
親会社IIJのプレスリリースに、新たな情報が。

日本テレホン株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:高山 守男)と協業し、3月23日より中古携帯電話の販売店「イーブーム」「エコたん」でも「IIJmioプリペイドパック」の取り扱いを開始いたします。

via: IIJ、「IIJmio高速モバイル/Dサービス」の機能を拡充。国内MVNOとして初めて個人向け高速通信用データ量の翌月繰越が可能に | 2013年 | IIJ

というわけで、既存の販路に加えて、白ロム販売店でも「IIJmioプリペイドパック」を販売するとのこと。先日の「イオン限定ウィルコムセット」といい、攻めてるなぁ、IIJmioさん!