2013年2月17日日曜日

ドコモMVNOで使える3Gタブレット端末まとめ

Sony Android Tablet S
Sony Android Tablet S / James Cridland


先日紹介したばかりの「MediaPad 7 Lite」は、残念ながら発売延期となってしまった。
が、せっかくSIMフリーのタブレットが盛り上がってきたので、過去にこのブログで紹介したものも含めて、ドコモMVNOのSIMで使える3Gタブレット端末をまとめてみた。

レノボ7インチタブレット+b-mobile SIMセットがヨドバシで発売!』でも取り上げた、レノボの7インチタブレット。現在国内で販売されているSIMフリータブレットの中では一番値頃感がある。


Nexus7と同じASUSが出した、スマートフォン+タブレットという面白い端末。
2つまとめてなので仕方ないが、価格はちょっと高め。

7インチ「edenTAB」+ドコモ3G回線1年分セットが販売開始!』でも紹介したedenTABの3Gモデル。この記事のとおり、直営ショップでは端末単体価格で128kbpsのSIM1年分がバンドルされたものが買える。

上の3つはSIMフリー端末だが、ドコモ純正のタブレット端末でも当然MVNOのSIMが使える。
お手頃価格のものを3つご紹介。


LGがドコモ向けに出した最初のタブレット。発売時点ではAndroid3.0だったが、ドコモからAndroid4.0への公式アップデートは提供されていない。 root化した上でAndroid4.0へアップデートすることはできるようだ。

ソニーの3Gタブレット。2画面構成という変わり種だが、この手のギミックが好きな人にはたまらないだろう。2つ折りだとコンパクトになるという利点もある。
こちらは、ソニーから公式にAndroid4.0へのアップデートが提供されている。

こちらもソニーのタブレットで、同じくAndroid4.0への公式アップデートが提供されている。詳細はこちらへ。