2013年2月6日水曜日

日本通信が第3四半期決算を発表、3つの取り組みに注目

昨日5日は日本通信の2012年度第3四半期決算の発表会があった。
前回と同じく、安心安定のITproさんの記事から、注目すべき点をピックアップしたいと思う。


ニュース - 日本通信の3Q決算は増収減益、今期は新規ビジネスの開拓に注力:ITpro

この記事によると、日本通信が現在取り組みを強化している分野は3つ。

(1)M2M(Machine to Machine)向け接続サービス、(2)企業向けIP電話サービス、(3)端末メーカーと連携したSIM内蔵製品

via: ニュース - 日本通信の3Q決算は増収減益、今期は新規ビジネスの開拓に注力:ITpro

(1)と(2)は法人向けの取り組みなので私たちにはあまり関係ないが、(3)は注目したいところ。

端末メーカーと連携し、SIMフリー端末にあらかじめ同社のSIMカードを組み込んだ提供形態を検討している。(中略)様々なメーカーと協議しており、「半年以内に数社出てくる。Windowsタブレットの話も多い」(福田副社長)という。

via: ニュース - 日本通信の3Q決算は増収減益、今期は新規ビジネスの開拓に注力:ITpro

前回決算時も、端末メーカーとの取り組みを強化すると発表しており、実際その翌月にレノボの7インチタブレットとb-mobile SIMセットがヨドバシで発売されている。

また、この決算発表を前に三田社長が意味深なつぶやきをしている。何を意味するのだろう。