2013年1月8日火曜日

「Kindle Paperwhite 3G」と「kobo glo」を触ってみて思ったこと

家電量販店の店頭で、「Kindle Paperwhite 3G」と「kobo glo」を触ってきたので、その感想など。


まず、先に触ってきたkobo glo。
kobo Touchにフロントライトが付き、ハードウェアのスペックも上がっている。
また、本体の質感も良くなっている。Touchは前面がいかにもプラスチックだったが、こちら表面全体がシリコンっぽい加工がされていて、滑りにくくなった印象だ。

店内が明るかったので、フロントライトが「読書にちょうどよい明るさ」になっているかどうかは分からなかったが、液晶画面のように刺激的な明るさではなく、うすぼんやりと明るい感じ。

もうひとつ、 Kindle Paperwhite 3G。
こちらは、隣にKindle Fireがあったので先に触ってみたところ、Wi-Fiが接続されておらずストアが試せなかった。 その後に触ったので、「ああ、3Gでいつでもどこでもすぐストア繋がるっていいな」というのが第一印象。
他のWi-Fi接続の電子書籍リーダーは、ストアに行こうと思ったらまずWi-Fiが繋がるのを待たなければいけない。3G搭載モデルはそれがなく、待ち時間なしでストアに繋がる。これはせっかちな人にはいいな、と思った。


で、この2つの端末を触って思ったこと。

電子書籍リーダーは物理ボタンがある方がいい!

ということだ。
kobo Touchには画面下にホームボタンがあって、読書の途中やストアで本を探している途中でも、ボタン一発でホームに戻ることができる。
意外と、これが使いやすかったんだなーと実感した。

それでは、物理ボタンがないKindle Paperwhiteやkobo gloではどのようにホームに戻るのかというと、どちらも画面を一度タップしてメニューを出し、そこでホームボタンをタップする、という手順になる。最低2タップ必要なわけだ。

2タップぐらいはたいした手間ではない、という人もいるだろう。
ただ、これらの端末は画面が電子ペーパーなのだ。
スマートフォン等のタッチパネルに比べると、どうしても反応が遅く感じる。また、ファームアップ前のkobo Touchのように、「画面をタップしたものの空振りだった」ということもある。
ホームに戻るだけとはいえ、物理ボタンがひとつあるのと無いのとでは、操作の安心感が違うのだ。

スマートフォンやタブレットと同様に、電子書籍リーダー端末も「物理ボタン無し」が主流になりつつあるが、子供からお年寄りまで幅広い層にアプローチしたいなら、物理ボタンがある端末も残して欲しい。
そういう意味では、ホームの他に「ページ送り」「戻る」「メニュー」ボタンまで実装しているSony Readerが、実は電子書籍リーダーで最強なのかもしれない。