2013年1月22日火曜日

「ドコモスマートフォンラウンジ」で2013春モデルを見てきた!

本日、ドコモ2013春モデル発表と同時に、ドコモスマートフォンラウンジにて春モデルの実機展示が始まった。

docomo smartphone lounge | NTTドコモ

「ドコモスマートフォンラウンジ」は全国に6ヶ所あり、東京は有楽町ビックカメラの道を挟んで向かい側、新有楽町ビル1階にある(「ドコモショップ丸の内店に併設)。
が、ビックカメラ側から見ると反対側に店舗があるため、分かりにくいかもしれない。


実は昨日まで改装のため閉店していて、今日から春モデル発表と同時に再開された。
そのためか、私が訪れた夕方には、平日にしてはかなり混雑していた。

2013春モデルは、全ての機種が展示されていたわけではないが、フラッグシップモデルであるXperia Z/Xperia Tablet Zはかなりのスペースを割いて展示されており、当然そこは山のような人だかりであった。

こちらはXperia Tablet Z。すでにたくさんの人に触られて、指紋だらけである。
従来のXperia Tabletに比べて薄くなっており、高いデザイン性が特徴。


もうひとつのフラッグシップモデル、Xperia Z
第一印象は「でかい!」。
5インチディズプレイになると、さすがに片手では操作しづらい。

Galaxy noteOptimus Vuのようなコンセプトモデルも好きだが、あれはペン入力があるからこそ大画面が生きるのであって、ふつうのスマートフォンがこれ以上大きくなると使いづらくなる一方だな、と感じた。


こちらは、先日一足先に発表されたスマートフォンforジュニア。
これは4インチ画面で、やはりこのくらいの大きさがしっくり来る。
dメニューを立ち上げたところ、この機種専用のコンテンツが表示されて驚いた。

ドコモスマートフォンラウンジ東京・梅田・福岡では、明日から27日(日)まで「2013年春モデル ドコモスマートフォンラウンジ特別展示会~Xperia(TM) WEEK~」と題してXperia関連の展示に力を入れるようなので、近くの人は立ち寄ってみてはどうだろう。