2012年12月24日月曜日

イオンSIM「月額定額シリーズ」への変更開始と、その注意点


イオンSIM / kaidouminato


今月7日に、イオンSIMの新サービス「月額定額1980」が発表されたが、この後すぐに「b-mobile月額定額980/1980/2980」シリーズが発表され、イオンSIMはどうなるのか?と心配していた皆さんに朗報。
意外と早く、先週18日から「月額定額1980」以外の2つのプラン「月額定額980」「月額定額2980」への変更もできるようになった。

イオン専用b-mobileSIM(通称イオンSIM)をご利用のみなさま、月額定額1980プランからあらたに月額定額980,月額定額2980へのプラン変更ができるようになりました! bit.ly/IJ1R0l
— 日本通信b-mobile公式さん (@bmobile_jci) 12月 18, 2012

イオン専用SIM | b-mobile SIM

詳しくは上のページの「サービス変更について」を参照していただきたいが、従来のA/B/Cプランから月額定額980/1980/2980プランに変更する際は、まず「月額定額1980」へサービス変更の手続きを行い、翌料金月からは「月額定額980」「月額定額2980」へプラン変更することもできるようになる。
また、前回の記事でも書いたとおり、一度月額定額シリーズへサービス変更を行うと、従来のA/B/Cプランへ戻すことはできない。

また、Amazon・ヨドバシに続き、b-mobile直販の月額定額パッケージも販売が始まった。

お待たせいたしました。スマートSIM・月額定額プランのbマーケット受付がスタートいたしました。 bmobile.ne.jp/s_sim/
— 日本通信b-mobile公式さん (@bmobile_jci) 12月 20, 2012

ただ、この「月額定額シリーズ」については、注意すべき点もある。

日本通信は新製品で通信の実質値下げなどで、通信品質が落ちる恐れ - First Lounge

私も先日の記事では「神プラン来た!」とうかれていたのだが、確かに冷静に考えると、6月に「Amazon限定SIM」が出たときは1980円/500MBだったのが、たった半年で1980円/1GBになってしまうのは(仮にその間に帯域増強があったとしても)ちょっと拙速なのではないかと。

以前のイオンSIMのように「平日昼休みは全然繋がらない」ということにならないように、日本通信さんには頑張って欲しい。