2012年12月21日金曜日

スターバックスの公衆無線LAN「at_STARBUCKS_Wi2」を試す

ちょっと遅くなったが、今月初めにお知らせしたセブンスポットに続き、スターバックスの公衆無線LANサービス「at_STARBUCKS_Wi2」も12月から全国展開が始まったので、試してみた。

Wi2、スターバックス全国約850店舗に無料Wi-Fiサービス導入 - ケータイ Watch

セブンスポットに比べると、手数は少ない。
スターバックスの店舗で「Wi-Fi設定」を開くと「at_STARBUCKS_Wi2」というSSIDがあるので、接続する。
その後ブラウザを立ち上げてリロードすると、スターバックスのログイン画面にリダイレクトされる。
この辺は他の公衆無線LANサービスと同じ。


IDとパスワードを入力すればログインは終了。


この後「マイページ」に進む必要はなく、ここから先は自由に他のサイトにアクセス出来る。

・・・と、このように書くと非常にあっさりしているが、都心の昼休み時間帯だとなかなか繋がらない。
実際私が試したときは、ログイン画面で接続がタイムアウトしたため、もう一度最初に戻ってIDとパスワードを入力してやっと繋がった。

という訳で、店舗が混雑する時間帯では、ちょっと接続に時間がかかるかも。

また、上のケータイWatchの記事によると、このWi-Fiは30日間ログイン不要で再接続できるとのこと。
しかしセキュリティを考えると、使ったらその都度切断した方がいい。

セキュリティといえば、セブンスポットもそうなのだが、この「at_STARBUCKS_Wi2」も通信が暗号化されていない。
セブンスポットの場合、PCを長時間接続して作業するような人はあまりいないので問題にならなかったが、スターバックスは以前からかなり問題になっている。

スタバ無線LANサービス、メールやIDパスがダダ漏れ? | ビジネスジャーナル

やはりこれらの公衆無線LANをスマートフォンで使う時は、本当に「ちょっと調べ物」「ちょっとニュースサイトを見る」くらいにとどめておいて、「ログインが必要なサイトは見ない」「メールの送受信はしない」といった自衛は必要だろう。