2012年12月21日金曜日

ファームアップしたらkobo Touchが激変してて驚いた

先日『kobo mini、発売当日に延期』の記事を書いたときに半額タイムセールが実施されていたので、久々にkobo Touchを使ってみようと思い、まずファームウェアのアップデートをしてみた。

長らくアップデートを怠っていた原因は、koboデスクトップアプリにある。
いつの頃からか、私のPCではこのアプリは立ち上げてすぐに「応答なし」になるようになってしまった。
このためファームアップもせずに放っておいていたのだが、8月のアップデート時に「無線LANに繋がっていればkobo単体でもファームアップ可能」になっていたようで、この方法でアップデートしてみた。
やり方はこの記事が詳しい。

Kobo ファームウエアのバージョンアップ - iPhone入門

で、アップデートしたkobo Touchに触ってみると、劇的に改善されていて驚いた。


1.kobo単体でライブラリと同期できるようになった


これも実は8月のアップデート時に実現していたようだ。
先ほども書いたとおり、PCのkoboデスクトップアプリが使い物にならなくなってしまったため、「koboをPCに繋いでイーブックストアのライブラリと同期する」こともできないと思い込んでいた。
が、実はkobo単体でも出来るようになっていたのだ。

これ、すこぶる便利。
いちいちPCに繋がなければいけないとなると、面倒で使う気も失せてしまう。
しかしkobo単体で同期できるなら、

好きな時にPCやスマホでイーブックストアにアクセスして、気になる本のプレビュー(Kindleでいう「無料サンプル」)をどんどん自分のライブラリに放り込んでいく

koboが無線LANに繋がっている時に「同期」ボタンを押しておいて、koboにライブラリ内のプレビューをダウンロード。あとは好きなときに読み放題。

ということができる。
これ、InstapaperやPocketのような「後で読む」アプリを使う感覚によく似ている。

2.ページめくりが高速になった!


以前のkoboでもさほどストレスはなかったが、アップデートしたらサックサクになった。

3.タップの反応がすごく良くなった!


これは2.と相まって、非常に快適になった。
以前のkoboは確かに数回に1回、タップに「空振り」があって、何回も続くとストレスになっていたが、かなりの確立で空振りしなくなった。

4.マンガの表示が良くなった!


追記:後で気がついたが、マンガが非常に読みやすくなった。
アップデート前にとある無料コミックを入れてみたのだが、ページめくりのたびにリサイズと白黒反転が起きて(ページリフレッシュは4ページに設定していた)、読めたものではなかった。
が、アップデート後に同じコミックを開いてみると、別物のようにサラサラとページめくりができるようになっていた。
以前からkobo Touchを使っている人で、「マンガやPDFが読みづらい」 と感じている人は、ぜひファームアップをおすすめする。

他にも細かいところがいろいろ改善されていて、さらに今日、新しいファームウェアも発表された。

システム改善に関するお知らせ: 電子ブック楽天<kobo>

いずれまた詳しい記事を書きたいと思うが、ファームアップ後のkobo Touchに触って一番強く思ったことは、

こんないい端末が3000円くらいで投げ売りされてるのが信じられない!

ということだ。
もともと、kobo Touchという端末自体は「世間で言われているほど悪くない」という印象だったが、今回のアップデートで「すごくいい、もったいない」と思うようになった。

「kobo touch」の検索結果 - Yahoo!オークション

【楽天オークション】kobo touch の検索結果:楽天オークション

中古品が投げ売り! 楽天「コボタッチ」がもたらした意外な効果 - デジタル - 日経トレンディネット

オークションの相場も3000円前後、店頭の中古も3980円だったりする。
本当にもったいない。