2012年12月21日金曜日

Android4.0の白ロムなら「F-11D」がオススメ

ご存じの方には「いまさら」な話題だが、私は全くノーチェックだった。



このところ「F-11DをドコモMVNOのSIMで使う」という話題をちょくちょく耳にしていて、調べてみるとこの端末、なかなかよい感じ。

さっそく携帯ショップに行ってモックを触ってみたが、私のL-07Cより幅も高さも少しだけ小さい。
それが「大きすぎず小さすぎず」の絶妙のサイズ感になっていて、「最近のスマホは大きくて扱いづらい」と思っている人は必ず気に入るであろう出来になっている。
見た目もF-03D Girlsの時のように「とても大人の男は持てない」というデザインでもなく、むしろ老若男女誰でも持てるようなシンプルなデザインになっている。

サイズは小さいが内蔵メモリは1GBあり、また「おサイフ・ワンセグ・赤外線+防水」という、ガラスマ4大機能を搭載している。

白ロム価格は、P-01DF-03D Girlsのように極端に安いわけではない。
が、これらは昨年の秋冬モデルでAndroid2.3だが、このF-11Dは今年の夏モデルでAndroid4.0である。それが1万円代前半というのは、かなり値頃感がある。

Xi対応ではないが、どうせ980円の低速プランで使うのだからかまわない、という人には非常にオススメ。
ドコモMVNOのSIMで使うとセルスタンバイが起こるらしいが、こちらのブログ記事によると、そんなに心配するほどのバッテリー消費量ではないようだ。
WASHIMI@: ARROWS Me F-11D のセルスタンバイ時のバッテリー消費量