2012年12月29日土曜日

勝手に選ぶ!2012年ドコモMVNOプランBEST3


昨日で仕事納めという人も多かったと思うが、やはりネット上も「今年のまとめ」的な記事が多い。
私も、このブログのメインコンテンツである「ドコモMVNO」について、勝手に今年を総括してみたいと思う。

今年は「電子書籍元年」とか「タブレット元年」とか言われているが、私に言わせれば「ドコモMVNO元年」である。

思い出してみて欲しい。昨年の今ごろは、ドコモMVNOといえばb-mobileのプリペイドSIMと、So-net 3Gなどわずかのプロバイダ系プラン、それにイオンSIMだけだった。

イオンSIMがどんなに遅くても、「日本中どこでも繋がるドコモ3G回線が月980円で使えるなんて、いい時代になったものだ」という意見が大半であったと思う。

ところが、1年後の今。
こんなにもドコモMVNOプランが増えて、様々なプランから選び放題になっている今の状況を、誰が予想しただろうか。

というわけで、月並みではあるが「今年のベスト3」を勝手に選んでみた。

3位 MEDIAS for BIGLOBE


3位にはあえて、SIMフリー端末つきのこのプランを選んだ。
ドコモMVNOのSIMを使いたかったら、白ロムを自分で調達してくるのが当たり前、という状況を打ち破った画期的なプランであったと思う。
その後、端末の方は「NEC-102」としてイオン店頭でも発売されるなど、今後の拡大を期待させる展開もあったが、残念ながらMEDIAS for BIGLOBEの方は完売のためプラン受付を中止している。来年は新端末の発表を期待したい。

もちあるいてなんぼ。: スマホ初心者に「MEDIAS for BIGLOBE」をオススメする理由

2位 ServersMan SIM 3G 100


ドコモMVNOに「ワンコイン」という新たな概念を持ち込んだ、これまた画期的プラン。今年8月に発表されてから、MVNO界の話題をさらってしまった。
とにかく「価格破戒」という言葉がぴったりくるプランだ。これが出てきたがゆえに、この後イオンSIMが150kbpsになったり、楽天ブロードバンドLTEが200MB分高速通信ができたり、といった新しい展開が生まれたと言っても過言ではない。
12月に入ってからはSMSオプションを導入するなど、まだまだ目が離せない。

もちあるいてなんぼ。: このブログの「ServersMan SIM 3G 100」関連記事まとめ

1位 IIJmio 高速モバイル/D


今年発表されたプランからどれかひとつを選べと言われたら、やはりこれだろう。2月にニュースを聞いたときの衝撃は今でも忘れられない。
まず、法人向けがメインで老舗プロバイダであるIIJが、ドコモMVNOの低価格プランに参入してくるということ、「3枚のSIMで通信量を分けあう」という、今まで誰もやらなかったことを実現したこと、そしてそのプランが縛りなしで提供されるということに、誰もが興奮を覚えたに違いない。
このIIJmioの参入によって、ドコモMVNOの先輩である日本通信が大いに刺激されたのは間違いない。この両者が切磋琢磨して新しいサービスを提供してきたからこそ、市場が拡大して他のMVNOの参入も促され、今のように様々な選択肢から好きなプランを選べるようになった、と言ってよいだろう。

もちあるいてなんぼ。: IIJmio「ミニマムスタート128プラン」「ファミリーシェア1GBプラン」について考える

来年もまた新しいサービスやプランが提供され、ユーザの利便性が高まることを期待したい。